AdSenseサイト運営者IDが含まれていないads.txtファイルがあります対処&解決方法

 

 AdSense サイト運営者 ID が含まれていないads.txt ファイルがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

 

アドセンスのホームページを開くと上記の警告メッセージが表示されて困っている方がいるようです。

 

今回はこの問題についての対応や解決方法についてご紹介します。

関連記事:アドセンス関連コンテンツ広告でクリック率や単価は上昇?設置条件とは?

 

Ads.textファイルとは

 

Ads.textのAdsとは英語のAdvertisementの略で、日本語に訳すと広告という意味です。

 

.textとは分かりやすくいうと、文書記述するための文字コードです。

 

AdSenseサイト運営者IDは、このAds.textファイルに表記されているんですが、それがないと今回のように『AdSenseサイト運営者IDが含まれていないads.txtファイルがあります』という警告メッセージがアドセンスから通知されるようになっています。

 

IAB TECH LAB(IABテックラボ)が広告枠売買の健全化や透明化を目的に、2017年の5月から提唱している専用クローラー向けのテキストファイルです。

 

2017年10月12日現在でSeesaa、 FC2、A8.netなどの無料ブログでこの問題が発生しているようです。

 

Seesaaのホームページではそのことについての発表がありました。

平素は、Seesaaサービスをご利用いただきありがとうございます。

ブログにてGoogle Adsenseを利用されている場合、以下のような警告文言がGoogle Adsenseのホーム画面に表示される旨のお問い合わせを頂戴しております。

AdSense サイト運営者 ID が含まれていない ads.txt ファイルがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

こちらは現時点で各ブログに自動で設置されているads.txtが共通しており、個々のサイト運営者としてのIDが含まれていないことによるものと思われます。
本件につきましては、2017年10月中をめどに弊社にて対応を検討しております。
対応まで今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

今後ともSeesaaサービスをよろしくお願いいたします。

引用:http://info.seesaa.net/

 

解決方法について

 

無料ブログの場合、ユーザー本人でads.txtファイルを書き換えることはできないのが殆どですので、使用している無料ブログへ問い合わせてください。

 

Seesaaは対応しているそうなので解決するまで待つしかないようです。

 

今後も他の無料ブログで同じ警告メッセージが通知されるかもしれません。

 

関連記事:2018年以降もグーグルアドセンス審査に通る無料ブログBloggerの使い方