アドセンス自動広告の設置方法やクリック率は?収益単価や貼り方の注意点について

アドセンス自動広告とはなに?

 

2018年2月21日(アメリカ時間)、グーグルは新しい種類のアドセンス広告【自動広告】をスタートすると発表しました。

 

既にアドセンスでは自動的に広告が表示されるので、いまさら【自動広告】と言われてもどんな違いがあるのか分からない方も多いのではないでしょうか。

 

今回の新しい広告について

 

自動広告とは、コンテンツを収益化するためのシンブルで革新的な方法を提供する広告フォーマットです。

自動広告では、各ページに同じ広告コードを 1 つずつ設置します。

コードを追加すると、高い成果が見込める最適なタイミングで自動的に広告が表示され、快適なユーザー エクスペリエンスが提供されるようになります。

引用:Adsenseヘルプ

 

と説明していますが、これ読んでもどのような広告サービスなのかイメージできる人は少ないでしょう。

 

分かりやすく噛み砕いていうと

 

  • 数種類の広告を組み合わせベストの広告を自動表示してくれる
  • 広告を貼る位置や場所まで自動的にやってくれる

 

という、グーグルの最先端の技術?を駆使して作られた新しい広告表示システムとなります。

 

なんだか一気にクリック率や収益が上がりそうなイメージですが、まだまだ発展途上段階。

 

色々と問題もあるので、自動広告を試されたい方はその点を踏まえてご使用ください。

 

関連記事:アフィリエイト&アドセンスで成功するWordPressプラグイン23選!

 

アドセンス自動広告の種類や機能について

 

2018年2月現在では自動広告に使用できる広告の種類は下記6種類です。

 

  1. テキスト広告とディスプレイ広告
  2. インフィード広告
  3. 記事内広告
  4. 関連コンテンツ
  5. アンカー広告(モバイルのみ)
  6. モバイル全画面広告(モバイルのみ)

出典:https://www.google.com

 

これらの広告を初期設定で組み合わせることになります。

 

あとはブログのレイアウトや記事の内容から広告の掲載と最適化が自動的に行われ、記事を読んでいる人が思わずクリックしたくなるということなのですが、新しいタイプの広告があるわけではありません。

 

また、自動広告にはスポンサーリンクを表記することは現在のところできません。

 

テキスト広告とディスプレイ広告

ディスプレイ広告は画像広告で、ビッグバナー(728×90)、バナー(468×60)、スカイスクレイパー(120×600)など、さまざまな形やサイズがあります。テキスト広告は一般的に 1 つの広告見出し(特定のページを表示するクリック可能なリンクを含む)、1 行か 2 行の広告文、1 つの URL(リンク先サイトのアドレス)で構成されます。

テキスト広告とディスプレイ広告は、高い成果が見込まれる場合に限って広告ユニットに表示されます

引用:https://www.google.com/adsense/

 

インフィード広告(モバイルのみ)

インフィード広告はサイトのコンテンツに自然に溶け込むように設計されており、記事フィード(記事やニュースのリスト)やリスティング フィード(商品やサービスのリスト)の中に配置されます。

インフィード広告は、サイトのコンテンツのデザインに合うようにカスタマイズされるネイティブ広告です。ページ上で記事や商品のリストをスクロールする最中にインフィード広告を目にしたユーザーには、それが広告だとわかりますが、広告が邪魔になることはなく、ページに溶け込んで表示されます。

現在のところ、モバイルでのみご利用いただけます。

引用:https://www.google.com/adsense/

 

記事内広告

記事を読むユーザーを念頭に設計された記事内広告では、ページの段落と段落の間にネイティブ広告を配置できます。高品質な広告アセットが使われるため、見栄えの良い広告がコンテンツの横に表示されます。

記事内広告も自動的に最適化されるため、記事ページで高い成果が生まれると同時に、サイトを訪れたユーザーに対する全体的な利便性も向上します。

引用:https://www.google.com/adsense/

 

関連コンテンツ

関連コンテンツはネイティブ広告の一種で、通常の広告とお客様のサイトの推奨コンテンツが一緒に表示されます。サイトの訪問者と関連性の高いコンテンツをアピールできるため、サイトでの滞在時間とページビューが増加し、増収が見込めます。

関連コンテンツのご利用が可能なサイトでは、訪問者と特に関連性の高い推奨コンテンツがそのサイトの中から選ばれて表示され、推奨コンテンツの間に広告が表示されることもあります。

現在のところ、モバイルでのみご利用いただけます。

引用:https://www.google.com/adsense/

 

アンカー広告

アンカー広告は画面の端に固定されるモバイル広告で、ユーザーが簡単に閉じることができます。

最適なタイミングで自動的に表示されるため、広告収益の増加に加え、サイトを訪れたユーザーに対する利便性向上にもつながります。アンカー広告は、ハイエンド モバイル端末に表示されたモバイル向けページのみに表示されます。

アンカー広告が正しく機能しているかどうかは、プレビュー ツールで確認できます

引用:https://www.google.com/adsense/

 

モバイル全画面広告

 

モバイル全画面広告は、サイトのページが読み込まれている間に全画面で表示されるモバイル広告です。画面の端に固定して表示され、ユーザーはいつでもスキップできます。

モバイル全画面広告は、ページを訪れたときではなく離れるときに表示されるため、ユーザーは広告が読み込まれるまで待つ必要がありません。

モバイル全画面広告が正しく機能しているかどうかは、プレビュー ツールで確認できます。

引用:https://www.google.com/adsense/

 

アドセンス自動広告の注意点について

 

広告を自動的に表示する場所を決めてくれるので初心者にとっては非常にありがたいのですが、一方、既に高い収益性を上げている配置で稼いでいる人にとってはクリック率や単価が下がる可能性があります。

 

また、記事、カテゴリー、関連記事に自己紹介欄など、デザイン構成はブログによってさまざま。

 

したがって、例えばブログを3つ運営している場合、Aのブログでは自動広告の方が収益がよくてもBのブログでは収益が下がるということがあり得ます。

 

関連コンテンツなど、モバイル(スマホなど)でしか表示されない広告もあるなど、全ての端末で表示されるわけではないので注意が必要です。

 

また、今回自動広告を貼ってみて気がついたのですが、引用欄の中に不自然に広告が表示さる事があったり、クリック率が高い記事下には殆ど広告が表示されることがありません。

 

僕の場合、収益の7割以上はスマホなどのモバイル端末からなのですが、パソコンからの収益が多い人の場合はかなり収益が落ちるのではないかというのが率直な意見です。

 

関連記事:アドセンス関連コンテンツ広告でクリック率や単価は上昇?設置条件とは?

 

アドセンス自動広告の設置方法や設定の仕方について

 

自動広告はワードプレスのプラグインを使った設置方法と、テーマヘッダーに直接広告コードを貼り付ける方法があります。

 

初心者にはプラグインの方が安全ですのでおすすめです。

 

広告コードを作成する

 

アドセンスにログインします。

 

 

画面左上の【広告の設定】をクリックし、【自動広告】をクリックしてください。

 

 

 

【新しいURLグループ】をクリックしてください。

 

 

するとアドセンスに登録しているブログのURLが表示されるので、設定したいURLにチェックを入れ【次へ】をクリックしてください。

 

 

ここでは使用したい広告の種類を選びます。

 

画面右のボタンを右にスライドして選択しましょう。

 

 

次へをクリックしてください。

 

 

【自動広告を設定】をクリックしてください。

 

 

広告コードが表示されるので【コードスニペットをコピー】をクリックしてコピーしましょう。

 

このコードはあとで使用するので、メモ帳などに貼り付けて保存しておいてください。

 

 

プラグインAdvanced Adsで自動広告を設定する

 

ここではワードプレスで自動的に広告を表示してくれる無料プラグイン【Advanced Ads】で自動広告を表示させる手順についてご紹介します。

 

Advanced Adsの基本情報については下記リンクを御覧ください。

Advanced Adsの使い方!アドセンスやアフィリエイト広告を設置する設定方法

 

 

ワードプレス画面左のAdvanced Adsにカーソルを併せ、【広告】をクリックしてください。

 

 

画面左上の【新しい広告】をクリックしてください。

 

 

Advanced Adsの広告設定画面は2通りの画面があります。

 

一つはウィザードで開始ボタンが表示されている画面。

 

 

もう一つは【ウィザードを停止します】と表示されている画面。

 

 

ウィザードで開始の方が分かりやすので、ここではウィザードで開始を使って設定したいと思います。

 

 

まずは適当なタイトルをつけましょう。

 

ここではアドセンス自動広告というタイトルにしました。

 

【プレーンテキストとコード】を選択します。

 

次へをクリックしてください。

 

【広告パラメーター】の欄に先程コピーしておいた自動広告のコードを貼り付けます。

 

 

【次】をクリックしてください。

 

 

 

 

もう一回【次】をクリックしてください。

 

次に設置する場所を設定します。

 

画面左のAdvanced Adsにマウスポインターをかざし、設置をクリックしてください。

 

 

 

【配置の新規作成】をクリックしてください。

 

 

</head>を選択し、名前を選択の欄に適当な名前を入力します。ここでは『テーマヘッダー』と入力しました。

 

 

 

【選択なし】と書かれた文字をクリックすると、先程作った【アドセンス自動広告】が表示されるのでクリックして【新しい配置を保存】をクリックしてください。

 

以上で作業は終了です。

 

広告がどのように表示されているか、スマホとパソコンの両方をチェックしてください。

 

表示されている位置がイマイチの場合、自己紹介やカテゴリーなどの配置を変更したりして調節してください。

 

関連記事:Advanced Ads特定のページだけ広告を非表示にする削除方法!1記事&1広告だけ表示しない

 

テーマヘッダー (header.php)に自動広告を貼る

 

ここではハミングバードというテーマのヘッダー部分に広告コードを貼ってみますが、一つ間違えるとサイトが表示されなくなる場合があるので、必ずバックアップを取ってから作業を行ってください。

 

基礎知識がない方はプラグインの使用をお勧めします。

 

バックアップの方法につきましては下記リンクをご参照ください。

WordPress自動バックアッププラグインBackWPUpは復元方法も簡単

 

画面左の外観からテーマの編集をクリックしてください。

 

 

テーマヘッダー(header.php)をクリックしてください。

 

<head>を探し出して、その下に広告コードを貼り付けてください。

 

 

 

【ファイルを更新】をクリックすれば設定完了です。

 

スマートフォンとパソコンの両方で、どのように広告が表示されているのかチェックしてください。

 

関連記事:ブログネタが見つからない記事の探し方が分からない困った方へおすすめの秘訣

 

Bloggerにアドセンス自動広告を貼り付けてみた

 

Bloggerにログインしたら、【テーマ 】をクリックして、【HTMLの編集】をクリックします。

 

 

 

<head>を探してください。

 

 

 

 

<head>が見つかったら、その下に自動広告コードを貼り付けてください。

 

テーマによって<head>の場所が違う場合がありますが、このような感じです。

 

 

最後に【テーマを保存】をクリックして作業は完了です。

 

スマホとパソコンでどのように表示されているか必ずチェックしてください。

 

関連記事:Bloggerテーマを変更してアドセンス審査対策&2018年版テンプレート

 

アドセンス自動広告が表示されない問題について

 

アドセンス自動広告が表示されないのは、アドセンスで障害が発生していない限り、殆どユーザー側の問題です。

 

下記の点をチェックし直してください。

 

  • 間違った広告コードを貼っている
  • 広告コードを間違った場所に貼っている
  • ブラウザーの広告ブロックが働いている
  • セキュリティーソフトがブロックしている

 

設定が間違っていなければ、ブラウザーやセキュリティーソフトの問題が殆どです。

 

アドセンス自動広告のクリック率や単価について

 

クリック率や単価(CPS)については現在調査中です。

 

結果が出次第アップ予定ですのでお待ち下さい。

 

最後に

 

アドセンス自動広告は今までとは違い広告の種類や貼る位置を気にしなくても表示ができ、プラグインを利用すればとても簡単に挿入可能です。

 

一方、既存の広告位置で収益が上がっている方は、逆にクリック率が落ちる可能性があります。

 

また、広告を表示したい位置に表示できないという欠点もあります。

 

ブログのデザインや記事の文字数も広告位置に影響がでるなど、今後どのように進化するか期待したいところですが、クリック率が高い広告位置が分かっているのであれば、その位置は別で広告を貼って自動広告を設定するのが良いでしょう。

 

しかし、あまり広告が多くてもクリック率が上がるわけではないので、貼りすぎには注意してください。

 

新しい情報は入り次第アップ予定ですのでお待ち下さい。

 

関連記事:アダルト可能な無料ブログやエロサイトで稼ぐ方法はやり方や作り方次第