アドセンス自動広告をWordPressプラグインで表示設定する簡単設置方法

 

アドセンス自動広告とは

 

どうも、海外を旅しながら月収60万円を達成した門脇れんです。

 

2018年2月、グーグルのアドセンスから新しい種類の広告がリリースされました。

 

その名も『自動広告』

 

えっ、自動広告?

 

従来から自動で広告表示されているのでは?

 

と思ったのですが、今回の新広告システムではなんと表示させる場所も自動でやってくれる強者なんです!

 

実際に使ってみると本当にアドセンスが勝手に自動で位置を決定し、勝手に表示しています。

 

どういう理論やルールで表示位置を決めているかは公開されていませんが、下記広告から好きなものを選べばあとは勝手に表示してくれます。

 

  1. テキスト広告とディスプレイ広告
  2. インフィード広告
  3. 記事内広告
  4. 関連コンテンツ
  5. アンカー広告(モバイルのみ)
  6. モバイル全画面広告(モバイルのみ)

 

これっていままでにリリースれされてきた広告システムですよね。

 

実際にどこの位置に表示されるか細かい点については公表されていませんが、モバイル(スマホ)を重視した広告設定になっています。

 

したがって、関連コンテンツなどモバイル端末でしか表示されない広告もあり、また、運営しているサイトのデザインによっても広告位置がかなり変わってきます。

 

つまり、従来型のアドセンス広告では、広告のサイズや種類に合わせて貼る場所を決めていたのですが、自動広告では広告の出現に併せたブログのデザインづくりをしなければなりません。

 

例えば、2カラムのブログの場合はサイドバーに表示される広告が多い場合があったり、文字数が少ないと文中に表示される広告数も少なくなる、といったことが見受けられます。

 

ベストの文字数を探し出さなければいけない、ということになるんですね。

 

もしかすると、1,000文字で文中には1広告なんだけど、1,200文字になると2広告になったりするかもしれない?ということです(あくまでも一例です)。

 

実際、僕のブログで自動広告を設定したのですが、文字数が少ない記事の文中には1個しか広告が表示されていませんでしたし、

 

ある一定数の文字数に達すると、驚くくらい広告数が増えるという現象も起きています。

 

グーグルはさまざまな実験で、どの位置にどのような広告を表示すれば収益が高くなるのかデータを集めています。

 

現在の自動広告システムはまだ未知数ですが、更なる検証とデータの蓄積により、近い将来今よりさらに収益率の高い自動広告システムができるかもしれません。

関連記事:ブログテレビネタの探し方や見つける方法!アクセスアップのコツや裏技とは?

 

自動広告設定方法

 

そこで問題になるのが、自動広告を表示させる方法です。

 

アドセンスのヘルプを調べると次のような手順が記載されていましたが、<head>タグと</head>タグの間に広告コードを貼り付けます、なんて初心者にとってはとても分かりにくい説明です。

 

自動広告を設定する手順は次のとおりです。

  1. AdSense アカウントにログインします。
  2. 左側のナビゲーション パネルで [広告の設定] をクリックします。
  3. [自動広告] をクリックします。
  4. [全般設定の選択] ページで、コントロールを使って、表示する広告のフォーマットを選択します。
  5. AdSense で新しい広告のフォーマットが自動的に全般設定に追加されるようにしたい場合は、[自動的に新しいフォーマットを取得] を選択したままにします。
  6. [保存] をクリックします。
  7. [ページにコードを配置] ページで、[コードをコピー] をクリックします。
  8. 自動広告を表示する各ページの <head> タグと </head> タグの間に広告コードを貼り付けます。コードの貼り付け方がわからない場合は、コードの設定ガイドをご覧ください。
    WordPress をお使いの場合、AdSense コードの追加について詳しくはヘルプをご覧ください。
    この作業は、1 ページにつき 1 回だけ行います。広告コードは、自動広告を表示するすべてのサイトのすべてのページで同じものを使用します。広告コードを貼り付けた後、広告コードを変更することなく、いつでも自動広告の設定を変更できます。

引用:自動広告

 

HTMLにコードを追記することになるのですが、一つ間違うとサイトのデザインが崩れたり機能しなくなるので危険です。

 

ということで、自動広告を表示することが可能なワードプレスのプラグインを調べてみました。

関連記事:httpとhttpsの違いや変換とは?SSL切り替えでブログの乗っ取り防止対策

 

自動広告を挿入できるワードプレスプラグイン

 

  • Advanced Ads
  • Ad Inserter

 

他にもアドセンス自動広告を設置できるワードプレスのプラグインはあると思いますが、僕がオススメするのはこの2つ。

 

特にAd InserterはAMP(アンプ)にも対応しているのでとても便利です。

 

因みにAMP(AMP)とはAccelerated Mobile Pagesの略で、クリックした直後にページが開くという超爆速の表示方法。

 

反面、ブログのデザインが簡略化されるなど、デザイン勝負の方にはちょっと寂しすぎるくらいさっぱりした感じになってしまうのが欠点です。

 

なお、AMP(アンプ)はまだまだ不具合が発生するなど未成熟な点も多く、初心者やHTMLの知識がない方は使わないほうが良いでしょう。

 

関連記事:アフィリエイト&アドセンスで成功するWordPressプラグイン23選!

 

自動広告コードを作成する

 

上記2つのプラグインで自動広告を設置する前に、広告コードを作成する必要があります。

 

まずアドセンスにログインしてください。

 

画面左上に表示されている【広告の設定】をクリックしたら、【自動広告】をクリックします。

 

【新しいURLグループ】をクリックしてください。

 

 

アドセンスに登録しているブログのURLが表示されるので、作成したいURLにチェックを入れ【次へ】をクリックしてください。

 

 

 

次の画面では使用したい広告の種類を選びます。

 

 

あまり多すぎても良いものではありません。

 

 

画面右のボタンを右にスライドすることにより広告を選択することができます。

 

 

選択が終了したら『次へ』をクリックしてください。

 

 

右上にある【自動広告を設定】をクリックします。

 

 

プラグインに貼る広告コードが表示されますので【コードスニペットをコピー】をクリックしてコピーしましょう。

 

このコードは後ほど使用するのでワードパッドやメモ帳などに貼り付けて保存しておいてください。

関連記事:アダルト可能な無料ブログやエロサイトで稼ぐ方法はやり方や作り方次第

 

 

Advanced Adsでアドセンス自動広告を設定表示する方法

 

アドセンス自動広告は今までの広告とは違い、【スポンサーリンク】を表示させることはできません。

 

もし表示させることができるよう変更になりましたらアップ予定ですのでお待ち下さい。

 

また、既に設定している広告はそのまま同時に使用することは可能です。

 

ワードプレス画面左のAdvanced Adsから【広告】をクリックしてください。

 

 

画面左上の【新しい広告】をクリックしてください。

 

 

Advanced Adsの広告設定画面は2通りの画面があるので注意が必要です。

 

一つはウィザードで開始ボタンが表示されている画面です。

 

そしてもう一つは【ウィザードを停止します】と表示されている画面です。

 

ウィザードで開始の方が分かりやすので、ここではウィザードで開始を使って設定したいと思います。

 

もし、あなたが見ている画面と僕が案内する画面が違ったら、このボタンをクリックしてください。

 

【新しい広告】をクリックすると、タイトルを入力する欄が表示されます。

 

まずは適当なタイトルをつけましょう。

 

ここではアドセンス自動広告というタイトルにしました。

そして【プレーンテキストとコード】を選択します。

 

次へをクリックしてください。

 

【広告パラメーター】の欄に先程コピーしておいた自動広告のコードを貼り付けます。

 

【次】をクリックしてください。

 

もう一回【次】をクリックしてください。

 

広告の設定はこれで完了です。

 

次では設置する場所を設定します。

 

画面左のAdvanced Adsから設置をクリックしてください。

 

【配置の新規作成】をクリックします。

 

 

</head>を選択し、【名前を選択】の欄に適当な名前を入力します。ここでは『テーマヘッダー』と入力しました。

 

【選択なし】と書かれた文字をクリックすると、さきほど作成した【アドセンス自動広告】が表示されるのでクリックして【新しい配置を保存】をクリックしてください。

 

以上で設定は完了です。

 

 

ちゃんと設定されているかどうか、そして広告がどのように表示されているか、スマホとパソコンの両方をチェックしてください。

 

 

表示されている位置がイマイチの場合、自己紹介やカテゴリーなどの配置を変更したりして調節してください。

 

 

なお、自動広告はまだ実際にどれだけの効果があるか未知数の広告です。

 

サイトのデザインや配置関係により表示される位置が変わるので、ご自身でも一番収益率の高いデザインを研究してみてください。

 

自動広告の詳細につきましては下記リンクでご紹介中ですので併せてご覧いただくと更に腑に落ちますよ。

関連記事:アドセンス自動広告の設置方法やクリック率は?収益単価や貼り方の注意点について

 

 

プラグインAd Inserterで自動広告を表示させる方法

 

Ad Inserterをインストールされていない方は、事前にプラグインをインストールしてください。

 

画面左にある『プラグイン』をクリックしてください。

 

 

Ad InserterのSettingsをクリックしてください。

 

 

番号の一番右側にある歯車をクリックしてください。

 

 

Headerをクリックし、黒い画面にさきほどコピーした自動広告のコードを貼り付けます。

 

 

歯車の下に灰色の丸いボタンがあるのでクリックしてください。

 

グリーンに色が変わると利用可能となります。

 

Save Settingをクリックすれば登録設定は完了です。

 

 

設定が完了したら必ずパソコンとスマホ両方で広告が表示されているか確認してください。

 

 

アドセンスの収益はモバイルからの収益が大半を占めます。

 

 

もしこのまま自動広告を使用される場合、どういったブログデザインがクリック率や収益が高いか検証を重ね、収益率をアップさせていきましょう。

 

関連記事:Advanced Ads特定のページだけ広告を非表示にする削除方法!1記事&1広告だけ表示しない