グーグルがアドセンス広告の設置数を無限に変更?価値ある情報提供とは?

どうも、Mr.フリーマンです。

 

2016年8月に入ってGoogleが

 

アドセンス広告の設置数を変更した

 

という情報が入ってきました。

 

変更前までは1ページ内に貼れる広告数は3個までだったのですが

 

新しいアドセンスポリシーを読むと広告数の上限についての記載がなくなっています。

 

しかしこれをこのまま鵜呑みにするのは危険です!

 

確かに広告数に制限はなくなりましたが以前より更に厳しいポリシーに変更されています。

 

というわけで今回はGoogleが発表した最新のアドセンスポリシーについてご紹介したいと思います。

 

2016年8月以前までの広告設置数ポリシー

 

適切な広告配置

1ページに配置可能な広告の上限

現在、Adsenseで1ページに配置可能なコンテンツ向けAdsenseユニット、リンクユニット、検索ボックスの上限はそれぞれ次のとおりです。

 

  • コンテンツ向け AdSense ユニットは 3 つまで
  • リンクユニットは 3 つまで
  • 検索ボックスは 2 つまで

 

引用:https://support.google.com

 

このように以前までは、1ページ内に設置可能な広告数の上限には制限がかかっていました。

 

また、ここには記載していませんが、広告サイズに関する細かい規定も存在していたんです。

 

最新の広告設置ポリシー

 

下記に新しい広告配置に関するポリシーを記載してみました。

 

適切な広告配置

価値の高い広告枠

広告や有料の宣伝用資料は、配信するページのコンテンツよりも多くなってはならないものとします。また、コンテンツは、ページを訪れるユーザーの関心に合った、価値ある情報を提供するものでなければなりません。そのため、ユーザーにとって価値がほとんどないページでの広告配信と広告の過度な表示は、修正が行われるまで制限または無効にされる場合があります。

許可されないページの例を次に示しますが、これらに限定されません。

  • 第三者が提供するコンテンツに付加価値を付けずに、コンテンツをミラーリング、フレーム処理、スクレイピング、リライトしたページ
  • サイト運営者様が提供したコンテンツよりも、広告の方が多いページ
  • 手動によるレビューやキュレーションなしで、自動生成されるコンテンツのページ
  • 広告配信専用ページ、コンテンツのないページ
  • ウェブマスター向けの品質に関するガイドラインに準拠していないページ

 

引用:アドセンスポリシー

 

上記の新しい広告設置に関するポリシーを見て分かる通り、具体的な設置数の記載は削除されています。

 

しかも広告サイズに関するポリシーもなくなっています。

 

新しく変更されたポリシーにより、広告サイズと設置数は管理者の判断に委ねられるようになりましたが、価値のある情報提供をしている記事内容でなければ最悪アカウント停止になる危険性もはらんでいるんです。

 

次ではそのことについてご紹介しましょう。

 

価値のある情報提供とは?

 

では価値のある情報提供とはいったいどういった記事なのでしょうか?

 

一言で表すのは難しいのですが

 

他のサイトにはない独自性のある文字数の多い記事

 

ということになります。

 

具体的に下記のような内容はNGとなります。

 

  • 文字数の少ない記事
  • 他のサイト記事をそのままコピペや書き直しした記事
  • 特殊なソフトやツールを使って他のサイト記事をコピーした記事
  • 日記のようにその日あった出来事を淡々と書いている

 

例え文字数が多い記事でも、他のサイト記事などをソックリそのままコピペしているとアドセンスポリシーに抵触してしまいます。

 

もし過去に書いた記事で、ソックリそのままコピペした記事や価値の低いページがある場合は削除しておいた方が良いでしょう。

 

なお、『ウェブマスター向けの品質に関するガイドラインに準拠していないページ』というのは、記事を作成する際のテクニカルな部分をいいます。

詳細につきましてはコチラを御覧ください ⇒ ウェブマスター向けガイドライン

 

なぜアドセンスポリシーは厳しくなったのか?

 

私は2015年11月にアドセンスを始めたのですが、最近では『アドセンス審査に合格出来ない』『審査が厳しくなったのでは?』という話もよく耳にします。

 

実際に私が合格した時よりも確かに厳しくなったようにも思えます。

 

そして今回のポリシー変更

 

 

グーグルも生き残りを駆けて他の検索サイトと戦っているので、価値のないゴミのような記事が検索トップに来てしまってはたまったものではありません。

 

そういう記事ばかりが増えていくと、他の検索サイトにユーザーを奪われて存続自体が危うくなってしまいます。

 

グーグルは不定期にアドセンスポリシーを変更しているのでこまめにチェックし、価値の高いコンテンツを作成するよう注意していきましょう。

アフィリエイトで成功するために必要なWordPressのプラグイン23選!