2018年以降もグーグルアドセンス審査に通る無料ブログBloggerの使い方

どうも、海外を旅しながら月収60万円を稼いだ男、Mr.フリーマンです。

 

今回は2017年だけではなく、2018年、2019年、2020年と絶対にグーグルアドセンス審査に通る無料ブログ『Blogger(ブロガー)』の使い方をご紹介します。

 

 

日本人がよく使用している無料ブログはだいたいこんな感じです。

  • Ameba(アメーバブログ)
  • FC2ブログ
  • ライブドアブログ
  • Seesaa(シーサーブログ)
  • Hatena(はてなブログ)
  • So-netブログ
  • exciteブログ
  • Yahoo!ブログ
  • 楽天ブログ

 

アメーバブログは市川海老蔵や小林麻央夫妻など、たくさんの芸能人が使っている有名な無料ブログですよね。

 

 

WordPress(ワードプレス)と比べると初心者にも使いやすく、以前はグーグルのアドセンス審査を取得するために上記の無料ブログを利用しているブロガーもたくさんいました。

 

でも2016年の半ばくらいからアドセンスの審査基準が改定され、それまで通っていた無料ブログではほとんど通らなくなるという事態に。

 

しかし同じ無料ブログでも、Bloggerだと使用しているブログのせいで審査に落ちる心配はありません。

 

ではなぜBloggerだと落ちる心配がないのでしょうか?

 

今回はその理由についての説明とBloggerの使い方、そしてBloggerを使ったアドセンス審査手順をご紹介します。

 

ブログを書いたことがない初心者の方にもなるべく分かりやすいようガイドをまとめましたが、不明な点がありましたら記事下にあるコメント欄からご連絡くださいね。

 

そしてこの記事の最後には僕が1記事で1日1万アクセスを集めた記事の公開についてもご紹介しておりますのお楽しみに!

 

Bloggerをオススメする理由

 

下記動画でもご紹介しております。

 

2017年3月現在、Seessaブログなど無料ブログを使用してアドセンス審査に合格している人は確かにいます。

 

でも頻繁に社内規定を変えるアドセンスのこと

 

いままで使用できていた無料ブログが突然アドセンス審査に使えなくなる

 

ということは将来十分に考えられます。

 

しかしBlogger(ブロガー)はグーグル自身が運営している無料ブログなので、申請に使用する無料ブログ自体が原因でアドセンス審査に通らないということはありません。

 

なので2018年だろうが2019年になろうが、グーグルがBloggerを他社に売却しない限りは一生アドセンス審査に通る無料ブログというわけなんです。

 

実際Bloggerのヘルプブログから収益を得るにはBloggerを使ってアドセンス広告を表示する方法も記載されています。

 

他社の無料ブログで申請する際は必ず広告を非表示にして申請する必要があります。

 

でもそんなことをされてしまっては無料ブログ会社にはお金が入らず商売あがったりです。

 

なので他社の無料ブログを使って記事を書き、いざアドセンスに申請しようと思ったらルール変更で広告を削除することが出来ない =  審査に通らないなんて事がありえるんです。

 

それに突然記事を削除されるリスクもあるし、アメブロのように元々からアドセンス広告を貼ることができない無料ブログもあります。

 

なのでこれからグーグルアドセンスを申請する方や、何度も申請したけど合格しない方はBlogger(ブロガー)がおすすめです。

 

ここから先はBloggerのメリットやデメリット、そしてブログを作成したことがない初心者の方にも分かりやすいよう、初期設定、記事作成、そしてアドセンスへの登録方法などついてまとめてみました。

サイトアフィリエイトでアクセス数の多いお宝キーワードを見つける方法は?

 

ドメインとは?

 

Bloggerの使い方を紹介する前にドメインお話についてちょっとだけ。

 

この部分を理解していないとこの先の話がチンプンカンプンなので。

 

ご存じの方は読み飛ばして先へ進んで下さい。

 

ドメインとは私のこのブログでいうと、赤で記載した部分です。

 

https://esarimo.com/

 

 

ドメインとは車で例えるとナンバープレートのようなもので、同じナンバープレートが存在しないのと同様、ドメインもこの世で一つしか存在しません(この地球上全てで)。

 

これを独自ドメインと呼んでいます。

 

Bloggerでは英語名のカスタムドメインと呼ばれていますが、日本語では独自ドメインが一般的です。

 

独自ドメイン = この世に一つしか存在しないURL

 

独自ドメインを販売している代理業者から購入するのですが、年間費用は1ドメインに対し数百円から数千円くらい。

 

でも独自ドメインを購入しただけではブログ記事を書くことは出来ません。

 

ナンバープレートだけ持ってても、車がなければ運転できない事と同じです。

 

独自ドメインの他に、それを動かすためのサーバーと記事を作成するためのツールが必要となります。

 

サーバーを車で例えるならエンジン。

 

記事作成ツールはボディーといったところでしょう。

 

レンタルサーバーは月額数百円から1000円位であります。

 

記事作成ツールにはWordpressという無料ツールがあるのでお金の心配はありません。

 

  • ドメイン・・・年間数百円~数千円くらい
  • レンタルサーバー・・・月額数百円~1000円くらい
  • 記事作成・・・無料のWordpress

 

というわけで、ブログで稼ぐための初期費用は安く抑えれば年間1万5000円程度(1ブログ)となります。

 

でも無料ブログであればドメイン代とレンタルサーバー代は必要ないので、初期投資は実質0円。

 

お金を全く使わず好きな記事を書いて副収入。

 

Bloggerを使わない手はないですよね。

関連記事:2017年Bloggerブログに独自ドメインを設定(お名前ドットコム編)

 

ドメイン、サブドメイン、サブディレクトリの違い

 

ドメインには、ドメイン、サブドメイン、サブディレクトリの3種類があります。

 

分かりやすいようそれぞれの違いを楽天市場を例にとって赤字で記載してみました。

 

http://rakuten.co.jp/ ⇒ ドメイン(楽天市場)

http://plaza.rakuten.co.jp/ ⇒ サブドメイン(楽天ブログ)

http://www.rakuten.co.jp/category/health/ ⇒ サブディレクトリ(楽天市場のダイエット・健康食品ページ)

 

この3つを見ると全くの別サイトではなく、楽天に関連したサイトだということが分かります。

Google Bloggerブログで独自ドメインをhttpsに設定変更する方法は?

 

サブドメインとサブディレクトリの違いについて

 

ではこのサブドメインとサブディレクトリは一体何が違うのでしょうか。

 

楽天のような巨大なサイトでは楽天ブログや楽天クレジットカードなど、同じ楽天でも全く性質の異なるページ(コンテンツ)が存在します。

 

このような場合はサブドメインで分ける使い方をされています。

 

一方、サブディレクトリのhttp://www.rakuten.co.jp/category/health/は楽天市場内で販売している商品なので同じ性質のコンテンツになります。

 

私のような個人ブロガーの場合はサブディレクトリだけの利用をお勧めします。

 

というのもサブドメインを作りジャンル別で分けていると、結局はなんでもありのごちゃまぜブログということになるのでアクセス対策(SEO)的にもよくありません。

 

また、アクセス数の解析もごちゃごちゃになってしまいます。

 

ある一つのジャンル(野球、ハイキング、コスメなど)などの特化型ブログの場合、ジャンルごとにドメインを取得しサブディレクトリを作成しましょう。

お名前ドットコムのドメインが突然使えなくなった時の対処と解決方法

 

Blogger以外の無料ブログをオススメしない理由

 

無料ブログ会社により理由は異なってきますが、主な理由を並べてみました。

 

  • 無料ブログが運営する広告を削除できない場合がある
  • 広告を削除できたとしても削除するのが面倒
  • 何割かアドセンスの報酬を取る無料ブログがある
  • 突然記事を削除されるリスクあり
  • 突然のルール改定によりアドセンス審査にすら利用できなくなるかも

 

アドセンス審査の時には必ず無料ブログが運営している広告は削除しなければいけません。

 

しかし突然のルール改定で削除できなくなったら今まで書いてきた記事はパア。

 

確実に審査に合格するためにはBloggerを使うのが一番の早道です。

Google Bloggerをバックアップして記事と画像やテーマを守る方法

 

ここが凄いBloggerおすすめ7つの理由!

 

  • グーグルが運営する無料ブログ
  • 初心者にも分かりやすく使いやすい
  • アドセンスと連動しているので初心者でも広告設定が簡単
  • 外観デザインを簡単にカスタマイズできる
  • バックアップが簡単
  • 無料でURLをhttpsに変更できる
  • サクサクの高スピード
  • 独自ドメインを利用できる
  • 審査申し込みが簡単

 

グーグルが運営しているので、『使用するブログが理由でアドセン審査に通らない』なんてことがないのが1番のオススメ理由です。

 

これは本当に大きいです。

 

アドセンスは頻繁にルールを改定していますが、Bloggerだったらそれにも自動的に対応しちゃいます。

 

無料でURLをhttpsに変更するメリットも近年ではかなり重要になってきています。

 

詳細ににつきましては下記リンクを御覧ください。

httpとhttpsの違いや変換とは?SSL切り替えでブログの乗っ取り防止対策

 

Bloggerブログのデメリット

 

  • 最初はアクセス数が集まりづらい
  • 自動的にサブドメインになる
  • 本格的にカスタマイズしたい人には情報が少ない    

 

情報量が圧倒的に少ないので本格的にデザインをカスタマイズしたい方や、最新情報を入手しづらいというデメリットがあります。

 

英語が分かればアメリカ人やインド人がたくさん情報をアップしているので情報量は多いです。

 

アメブロのような大手無料ブログの場合、アメブロ内からのアクセスを集めることが出来ますが、Bloggerではそういったことが出来ません。

 

また、自動的にサブドメインになるので将来的にアクセスが集まるブログにしようとするには不利です。

 

でもアメブロなどの無料ブログもサブディレクトリだけが変わるので結局は同じです。

 

  • 市川海老蔵のアメブロURL: http://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/ 
  • モト冬樹のアメブロURL:  http://ameblo.jp/moto-fuyuki/

 

取り敢えずアドセンス審査のためにBloggerを使い、合格したら独自ドメインとレンタルサーバーを契約してWordpressでのブログ作成をオススメします。

アフィリエイトで成功するために必要なWordPressのプラグイン23選!

 

ブログの引っ越しでBloggerへのコピペはダメ!

 

既にBlogger以外の無料ブログを使っている方で、その記事をそのままコピペしてBloggerへ移行するのは盗用扱いになるのでNGです。

 

この場合はブログの引越し作業が必要となりますが、無料ブログによって引っ越し手順が異なりますし失敗するかもしれません。

 

面倒ですが余程アクセスがないかぎり、新しい記事を書いたほうが合格への近道の場合もあります。

 

引越し前には必ずアドセンスポリシーを確認しましょう。

グーグルアドセンス審査に通るネタやジャンルは?何度も通らない理由や原因も

 

早くアドセンス審査に合格するための準備

 

  1. グーグルアカウントを取得する
  2. 独自ドメインを購入する
  3. Bloggerで記事を書く

 

 

以上、この3つだけです。

 

『えっ、本当にそれだけ?』

 

と思っちゃうんですが、ホントなんです。

 

グーグルアカウントとはGmailのアカウントのことで、そのGmailアドレスがBloggerのログインIDとパスワードになるんです。

 

他社の無料ブログを使うとアドセンスに合格するための設定変更があるけれど、Bloggerだったらそれもなし。

 

初心者にとって本当に使いやすいブログです。

 

Bloggerの無料ドメインをそのまま利用することもできますが、投稿した記事がネット上に公開されるまでに物凄く時間がかかります。

 

私の場合1記事目の記事を投稿した後、5日経っても検索でヒットしなかったので独自ドメインに変更しました。

 

 

無料ドメインでブログを作成してみる

 

 

独自ドメインの使用を強くお勧めしますが、ここではまずBloggerになれるために無料ドメインでのブログ作成方法をご紹介します。

 

その後に独自ドメインでブログを作成しましょう。

 

まずはグーグルアカウント(Gmai)を取得します。

 

持っていない方は下記リンクをご参照下さい。

ヤフーメールが届かない受信できない時の解決方法は?エラーメッセージの意味も

 

グーグルアカウントを取得できたらBloggerにログインして下さい。

 

『制限付きのブロガープロフィールを作成』をクリックします。

 

 

表示名にブロフィールを入植し、『Bloggerに移動』をクリックします。

 

 

『新しいブログを作成』をクリックします。

 

なお、このページには下記の記載が表示されますが、気にしなくても大丈夫です。

 

表示されたらXをクリックして閉じて下さい。

欧州連合の法律により、欧州連合からの訪問者には、ブログで使用されている Cookie に関する情報を提供する必要があります。また、これらの法律では多くの場合、同意を得ることが求められます。

Blogger や Google の特定の Cookie(Google アナリティクスや AdSense の Cookie を含む)が Google で使用されている旨の通知をブログに追加しました。

あなたはこの通知が自分のブログで実際に動作し、表示されることを確認する責任を負うものとします。サードパーティの機能を追加するなどして他の Cookie を使用している場合、この通知は動作しない可能性があります

引用:https://www.blogger.com/

 

 

練習なので適当にタイトルとアドレスを入力しテンプレートを選択します。

 

ブログタイトルの付け方

 

ブログのタイトルはアクセスを集めるために重要な部分となります。

 

例えばお笑い芸能人に関するブログを書こうと思ってる場合の悪い例と良い例です。

 

  • 悪い例:最新のトレンドニュースまとめサイト
  • 良い例:お笑い大好きオタクがつぶやく芸人裏情報まとめ

 

タイトルは長くても32文字までにしましょう。

 

これ以上の文字数は検索結果で切れて表示されない場合があります。

 

検索で上位表示を狙うためにもブログタイトルは記事内容と関連性のある自然なものにしましょう。

テレビ番組ネタの爆発成功法!1日9000PV超えのコツや裏技とは?

 

アドレスの付け方

 

アドレス(URL)もブログタイトル同様、関連性のあるアドレスにすると検索結果で上位表示されやすくなります。

 

お笑い芸能人に関するブログを書こうと思ってる場合の悪い例と良い例です。

 

  • 悪い例:nandemo.blogspot.com
  • 良い例:owarai.blogspot.com

 

Bloggerではサブドメインのアドレスを付けることになりますが、既に誰かが使用していると『このブログのアドレスは使用できません』と表示されます。

 

その場合は別のアドレスを入力して下さい。

 

ブログ内容にピッタリあったアドレスが1番良いのですが、他の人が既に使用している場合はアドレスの最後に数字を入れると簡単に探せる場合があります。

 

 

 

テーマの選び方

 

テーマとはブログの外観デザインのことです。

 

2017年2月くらいまではテンプレートと呼ばれていましたが、ワードプレスと同じテーマに名前が変わりました。

 

このテーマは後でいくらでも変更できるので気にせず選びましょう。

 

設定が完了すると画面左上にブログタイトルが表示されます。

 

複数のブログタイトルを作成した場合、かならず一番最初に作成したブログタイトルが一番上に表示されます。

 

2個目、3個目を表示したい場合は1個目のタイトル名をクリックすることで選択できます。

 

 

説明文を追記する

 

説明文はブログタイトル同様、検索上位を狙うために欠かせない必須の部分です。

 

説明文に必要な文字数は80文字~100文字くらい。

 

ブログに関係するキーワードを自然な感じでたくさん入れましょう。

 

『設定』⇒『基本』をクリックします。

 

説明のところにある『編集』をクリックします。

 

 

説明文を入力し『変更を保存』をクリックすれば終了です。

ブログのページ別アクセス数を調べる方法は?タイトル確認もできる!

 

初期設定

 

記事を作成する前の初期設定についてです。

 

画面左下にある『設定』ボタンをクリックします。

 

 

HTTPSの項目にある『HTTPSリダイレクト』を『はい』に変更して下さい(自動で変更保存されます)。

 

※注意:独自ドメインはHTTPSを利用できません(Bloggerではカスタムドメインと呼ばれています)。

 

HTTPSについてご存じない方は下記リンクをご参照下さい。

httpとhttpsの違いや変換とは?SSL切り替えでブログの乗っ取り防止対策

 

 

Bloggerで記事作成

 

画面左上の『投稿』をクリックして下さい。

 

 

『新しい投稿を作成』をクリックします。

 

 

記事投稿画面に設置されているボタン機能です。

 

  1. 記事作成画面
  2. HTML画面
  3. 元に戻す&繰り返す
  4. フォント種類
  5. フォントサイズ
  6. 見出し
  7. 太字
  8. 斜線
  9. 下線
  10. 取り消し線
  11. テキストの色
  12. テキストの背景色
  13. リンクを付ける外す
  14. 画像を挿入
  15. 動画を挿入
  16. 絵文字
  17. 追記の区切りを挿入
  18. 文字の配置
  19. 番号付リスト
  20. 箇条書き
  21. 引用
  22. 書式をクリア
  23. スペルチェック

 

23種類のボタンがありますが、ブログ作成で頻繁に利用するのは赤字で書かれた8種類くらいです。

 

記事作成する時はこのような感じになります。

 

 

記事は新しく文字を書き込んだり修正する度に自動で保存されます。

 

記事を作成したら公開ボタンをクリックする前に、パーマリンクを設定からサブディレクトリを変更します。

 

サプディレクトリは検索上位を狙うためには非常に重要なポイントで、記事タイトルに関連するキーワードを使用します。

 

ブログ作成中画面の右にあるパーマリンクをクリックして下さい。

 

 

カスタムパーマリンクにチェックを入れ、タイトルに関連するアルファベットを入力し、『完了』をクリックします。

 

 

記事を公開する前にちゃんと書かれているか確認するには画面右上にある『プレビューボタン』をクリックして確認します。

 

 

問題がなければ『公開』ボタンをクリックしましょう。

 

 

公開すると画面左上に『公開済み』が表示され、公開した記事数も一発で分かるようになっています。

Google Bloggerブログで自分のアクセス数をカウントしない設定方法

 

記事公開後に必ずすること!

 

記事を公開しても直ぐにグーグルやヤフーの検索エンジンサイトには表示されません。

 

確認のために作成したタイトルをグーグルで検索してもこの通り。

 

これはまだグーグルが新しく作られた記事を認識していないためです。

 

素早く認識させるためにもグーグルへ知らせてあげましょう。

 

これを『インデックスの登録』と読んでいます。

 

特に生まれたてのブログだとインデックスされるのに時間がかかります。

 

手順はBlogger側とグーグルのSearch Console側の2つを行います。

 

 

Blogger側の設定

 

画面左の『設定』⇒『基本』をクリックします。

 

 

プライバシーの横にある『編集』をクリックします。

 

 

『ブログの検索を検索エンジンに許可しますか?』のチェックを『はい』にして『変更保存』をクリックします。

 

 

Search Console側

 

Search Consoleへアクセスしてください。

 

作成した記事のURLを入力し、『リクエストを送信』をクリックするだけです。

 

送信後直ぐに反映されることもありますが、半日以上かかることもあります。

 

インデックスされないからと言って何度も送信すると、1日の上限数に引っかかって暫くの間利用できなくなるので注意してくださいね。

 

また、このSearch Consoleにブログを登録しているとSEO対策(検索上位対策)是非登録しておいてください。

BloggerブログGoogle Search Console登録とサイトマップ設定方法

 

記事に画像を挿入する

 

画像を挿入したい場所にカーソルをあわせ、ドラッグ・アンド・ドロップで画像を移動するだけです。

 

または、下記手順で挿入できます。

 

『画像を挿入』ボタンをクリックします。

 

 

アップロードを選択し、『ファイルを選択』をクリックしたら挿入したい画像を選択してください。

 

あとは『選択した画像を追加』ボタンをクリックすれば記事本文に画像が挿入されます。

 

※挿入する画像サイズは必ず容量を小さくして挿入しましょう。画像サイズが大きいとブログ表示に時間がかかり、せっかく訪れた訪問者を逃すことになりかねません。

無料画像検索サイト集!かわいい動物のイラスト素材や春夏秋冬の季節写真も

 

ブログトップページに画像を挿入する

 

他のブログとの差別化を図るためには個性的なブログ作りも重要です。

 

初心者にも出来ることはBloggerのテンプレート(外観デザイン)を変更したり、トップページに画像を挿入するのが一番簡単でしょう。

 

Bloggerではトップページの画像変更もすごく簡単に行なえます。

 

画面左の『レイアウト』とクリックします。

 

 

ヘッダーの『編集』ボタンをクリックします。

 

 

『ページに合わせてサイズを調整』にチェックを入れ、『ファイルを選択』から用意した画像を選択して『保存』をクリックしてください。

 

画面右上にある『プレビュー』ボタンをクリックして確認します。

 

するとこのようにヘッダーの画像サイズが全体サイズと調整されていない場合がります。

 

 

Bloggerに最初から用意されているヘッダー画像の横サイズである940ピクセルにサイズを調整しましょう。

 

まずはWindowsに標準インストールされているソフト『ペイント』を開きます。

 

『ファイル』から『開く』をクリックし、ヘッダー画像に使う画像を挿入してください。

 

 

次に『サイズ変更』をクリックします。

 

 

『ピクセル 』を選択し、『水平方向』を940に変更したらOKボタンをクリックします。

 

 

 

あとは再度レイアウトから横幅を940ピクセルに変更した画像に差し替えるだけです。

 

 

もし将来Bloggerの横サイズが変更になったら今の手順で微調整してください。

 

版権フリーの無料画像はコチラを御覧ください ⇒ 無料画像検索サイト集!かわいい動物のイラスト素材や春夏秋冬の季節写真も

 

独自ドメインでアドセンス審査

 

上記でもお伝えしましたが、素早くアドセンスに合格したいなら独自ドメインで申請する事を強くお勧めします。

 

独自ドメインは安ければ年間たったの数百円です。

 

独自ドメインをBloggerに設定するのはちょっと面倒ですが、審査に通るためと割り切って独自ドメインを使用しましょう。

 

独自ドメインなら、将来的にレンタルサーバーへの引っ越しも楽になります。

 

独自ドメインの設定方法につきましては下記リンクを御覧ください。

 

 

2017年Bloggerブログに独自ドメインを設定(お名前ドットコム編)

 

アドセンス審査に合格するための記事とは

 

『2016年以降アドセンス審査が厳しくなった!』という声がブログ仲間から聞こえてくるようになりました。

 

何度申請しても落とされている人もいれば、一発であっさり合格している人がいるのも事実です。

 

じゃあこの差はいったいなんなの?

 

って思っちゃいますが、大学入試とは違いグーグルは具体的な審査基準を公開していないんでよね。

 

でもアドセンスが発表している2つの事項をから、審査に合格しやすい記事を読み取る事は可能です。

 

AdSenseコンテンツポリシーから合格基準を読み取る

 

コンテンツとは主にブログの記事内容のことです。

 

そしてポリシーとはグーグルアドセンスとしての社内方針です。

 

つまり審査に合格するための記事は、グーグルアドセンスの社内方針に沿った記事内容でなければならないということなんです。

 

Adsenseコンテンツポリシーを調べてみると、禁止コンテンツの一覧が明確に記載されています(2017年3月現在)。

  1. アダルト コンテンツ
  2. 個人、集団、組織を誹謗中傷するコンテンツ
  3. 危険ドラッグおよび薬物に関連したコンテンツ
  4. アルコールに関連したコンテンツ
  5. タバコに関連したコンテンツ
  6. ヘルスケアに関連したコンテンツ
  7. ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
  8. 報酬プログラムを提供するページ
  9. 不適切な表示に関連したコンテンツ
  10. 暴力的なコンテンツ
  11. 武器および兵器に関連したコンテンツ
  12. 不正行為を可能にするコンテンツ
  13. 違法なコンテンツ

引用元:アドセンスポリシー

 

全部で13もの禁止コンテンツが掲載されていますが(2017年2月現在)、トップにアダルトコンテンツをもってきたところをみると、アドセンス的にはこれを一番重要視しているようです。

 

ポルノやいかがわしいアダルト系を匂わせる単語はもちろんのこと、グラビアアイドル(水着)として活躍しているタレントなども書かないほうが良いでしょう。

 

2番目の『個人、集団、組織を誹謗中傷するコンテンツ』なんて書いてるつもりはなくても、『タレントの◯◯ってアホじゃね?』なんてついつい書いたりしてませんか?

 

普段なにげに使っている言葉でも、第三者からみると嫌がらせやいじめと捉えられかねない言い回しは結構あるもんです。

 

6番目の『ヘルスケアに関連したコンテンツ』も一見ほとんど関わりがないように見えますが、健康やダイエット関連のサプリメントを記事にすると落とされる可能性があります。

 

10番目の『暴力的なコンテンツ』ではエアーガンですらNGです。またボクシングやプロレスなど血みどろの戦いをした記事は書かないほうが懸命です。

 

そして最後の『違法なコンテンツ』はアメリカ合衆国の法律を基準とした違法なコンテンツです。

 

他のサイト画像を勝手に使用するのはもちろんのこと、性的描写もダメ。

 

アメリカが厳しいというより、日本が他の国と比べて性的描写がゆるい国なので意外な落とし穴なのかもしれません。

 

例えば小中学生が見るようなアニメやマンガでも、超ミニスカートの制服を描いた作品は基本的にありません。

 

今回記載した禁止コンテンツについてはコチラに掲載されているので記事を書き始める前にしっかりと確認ししましょう。

 

細かい規約が多いので最初は戸惑いますが、日頃からアドセンスポリシーを意識し、ポジティブで明るく小学生に読ませても大丈夫な記事を書いていればOKです。

 

ポイント!
  • 記事を書く前にかならず禁止コンテンツを頭のなかに叩き込む!
  • 小学生に読ませても大丈夫な記事を心がける

 

 

広告の配置に関するポリシーから合格基準を読み取る

 

『広告の配置に関するポリシーなんて関係ないんじゃ?』

 

って思いがちですが、よーく読んで見るとアドセンス審査にも関係する重要な文言が含まれていました。

広告や有料の宣伝用資料は、配信するページのコンテンツよりも多くなってはならないものとします。また、コンテンツは、ページを訪れるユーザーの関心に合った、価値ある情報を提供するものでなければなりません。そのため、ユーザーにとって価値がほとんどないページでの広告配信と広告の過度な表示は、修正が行われるまで制限または無効にされる場合があります。

引用:アドセンス広告の配置に関するポリシー

 

『コンテンツは、ページを訪れるユーザーの関心に合った、価値ある情報を提供するものでなければなりません。』

 

とはいったいどういう意味なのでしょうか。

 

アドセンスは具体的な例を提示していないのでこの短い一文から推測すしかありませんが、下記のような例が考えられます。

 

例えば記事タイトルに『ケンタッキーチキンナゲットの値段は適正価格?味はどう?』というタイトルをつけた記事を投稿したとします。

 

そしてこの時ページを訪れたユーザーは

 

ケンタッキー チキンナゲット 値段

 

といったキーワードを使って検索し、あなたのページを訪れたということが推測できます。

 

しかしその記事に値段が書かれていなかったとしたら、””ページを訪れるユーザーの関心に合った、価値ある情報を提供していない” ことになります。

 

いくら長々とチキンナゲットは美味しかったと絶賛しても、ページを訪れたユーザーが一番知りたかった値段の記載がなければユーザーにとっては価値のない記事です。

 

ポイント!
  • ページを訪れるユーザーの関心に合った、価値ある情報を提供
  • 記事タイトルと本文内容は必ず一致させる

 

 

アドセンスに申請する際の記事数や1記事の文字数

 

私が2015年11月に合格した時は1記事500文字以上を1日1記事ずつ下記、計10記事が合格ラインと言われていました。

 

アドセンスは正式に合格ラインを発表していませんが、2016年半ば以降レベルは更に上がり、今では下記レベルくらいでやっと合格したという話がブログ仲間から聞こえてきています。

 

  • 1記事最低1000文字以上
  • 1日1記事ずつ投稿し、最低20~30記事以上書いて申請

 

1日に5記事も6記事も投稿するとアドセンス審査目的だと不審に思われる危険性があります。

 

ここはゆっくりと投稿していきましょう。

ポイント!
  • 1記事最低1000文字以上
  • 1日1記事ずつ投稿し、最低20~30記事以上書いて申請

 

 

アドセンスに審査申請をする

 

Bloggerでブログを作成した場合はBloggerの『収益』ボタンからアドセンスの登録申請をします。

 

がしかし、現在、あなたのブログにはAdSenseに登録されていませんと表示されてて、登録ボタンなんかありゃしない。

 

どうしたもんじゃろの~

 

と思いながらも記事を投稿し続けたら『Adsenseに登録』というボタンが表示されるようになりました。

 

記事数やどのくらいの期間が必要なのか、明確なところは不明です。

 

1記事書いて待っただけでボタンが表示されたり、4記事で表示されたりとアドセンスは結構いい加減。

 

その点については詳しくまとめた下記リンクをご参照ください。

Bloggerで現在あなたのブログにはAdSenseに登録されていませんの解決策

 

そして『Adsenseに登録』ボタンをクリックすると『ログイン』ボタンをクリックして画面に従って登録してください。

 

かなり長い記事となりましたが、独自ドメインをBloggerブログに設定する以外はサクサクっとできちゃいます。

 

あとはクオリティーの高い記事をガンガン投稿してアドセンスに申請してください!

 

因みにBloggerブログでクオリティーの高い記事を書き、アクセス数が多いとアドセンス登録が楽になります。 

コンテンツのクオリティが高く、トラフィックも多いブログの場合、AdSense の登録手続きの一部を省略できる場合があります。

仕組み:

  • ダッシュボードにブログの簡単登録についてのメッセージが表示されたら、[収益] > [AdSense] の順にクリックして AdSense に登録します。
  • 登録を完了すると、お申し込みの審査を待たずにブログに広告を設置できるようになります。
  • 月間の見積もり収益額とは、獲得できる可能性がある収益の見積もり額です。これは次の要素に基づいて計算されます。
    • ページの閲覧数
    • AdSense を利用している他のブロガーの収益額
    • その他

: 簡単登録の利用を承認されたブログでも審査が必要になる場合があります。これは、Google 側で追加確認が必要な場合で、通常この処理には 2~3 日かかります。

引用:アドセンスヘルプ

 

アドセンスヘルプに記載されているので間違いないです。

 

頑張って記事を投稿してください!

 

そしていまメルマガに登録してくれた方には特典として、僕が1日1万アクセス(PV)を集めたページを公開しています。

 

こちらがその時の証拠画像です。

 

このページを公開するということは、1万アクセスを集めたページのみならず、ブログ自体の全てを公開するということになります。

 

アドセンスでは1日3000円もの収益に値する価値です。

 

それ故、なんども止めようかと思ったのですが、今回は思い切って公開することに決めました。

 

ただ、あまり多くの人に教えることはリスクなので、突然この特典を削除する可能性もあるので、少しでも興味がありましたら、ぜひこちらからご確認ください。

1日1万アクセス公開ブログへの招待

 

みなさんとお会い出来ることを楽しみにしています!

6 件のコメント

  • こんにちは。大変に参考になりました。もし、宜しければ教えて頂きたい事が御座います。独自ドメインを取得して「blogger」にてブログを作成した場合ですが、AdSense を利用する際には「ホスト」の扱いになるのでしょうか。それとも「非ホスト」の扱いになるのでしょうか。

      • Mr.フリーマン様 ご連絡有難う御座います。アドセンスに関する情報を調べていましたが、解説も丁寧で、しかも熱心で、こちらのサイトからは本当に学ばせて頂いております。感謝だらけです。

  • またまた、とても分かりやすい記事に感謝いたします。
    思い切ってお名前ドットコムで独自ドメインにしましたら、アドセンス申し込みできました。
    昨日申し込んだばかりなのでまだ審査中ですが…
    すんなり受かるといいなと思います。
    これからも参考にさせていただきますね。

    • コメントありがとうございます、Mr.フリーマンです。

      アドセンス審査合格できるといいですね。

      アドセンスは諦めなければ必ず成功するので頑張ってください!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です