スランプでブログ記事ネタが見つからない人に足りないものや必要なこととは?

どうも、Mr.フリーマンです。

 

アフィリエイトブログであれば売りたい商品の情報を発信するので記事ネタに困ることはあまりありませんが、アドセンスブログはそういうわけにはいきません。

 

今まで1日3記事なんて楽勝で書いていたはずなのに、ある日突然まったくネタが出てこなくなる。

 

まるで真っ暗闇の出口など全く見えないトンネルに迷い込んだかのように。

 

ブログを書き始めた方でも、月収10万円稼いだ人でも必ず経験することですが、これはあなたにセンスがないのではなく、マインド(メンタル)の持ち方一つで信じられない程あっという間に解決できることなのです。

 

まずは『スランプ』や、『ネタが見つからない』といったネガティブな言葉を使うのは止めましょう。

 

こういった時僕は次のステージへ上がるための『成長痛』だと言っています。

 

その成長痛を乗り越えるため、僕が実際に行っている解決策をまとめてみました。

関連記事:ダメ人間にもできる自分を変えるほう方法や変わりたい人、目標を達成できない人へも

 

初心者の場合

 

ブログを始めたばかりの初心者の場合、経験がないので何を書けば良いのか全く分からないのは当たり前です。

 

これもセンスがないのではなく、まずはブログを始めようと1歩前に進みだした自分を褒めてやってください。

 

これこそが第一次成長痛ですが、それを乗り越えるためにはまず『ごちゃまぜブログ』を作ることをおすすめします。

 

『ごちゃまぜブログ』とはその名の通り、どんなジャンルでも書くブログのことです。

 

スポーツ、ドラマ、芸能、株、健康、ファッションなんでもござれ。

 

一方、『特化型ブログ』というブログもありますが、これは逆にスポーツや健康などある特定の分野のみを書くブログなので、余程たくさんのネタがない限り、100~200記事も書けば書くことがなくなってしまいます。

 

『いや、俺は特化型ブログで好きなことを書くんだ!』

 

その意気込みは素晴らしいことですが、記事ネタが見つからなければ書くこともできません。

 

まずはじめは『ごちゃまぜブログ』でネタ選定のセンスを磨き、興味があるなら自分の好きな『特化型ブログ』へと移行しましょう。

関連記事:お金が集まる財布はウソ本当?長財布や二つ折りで金運は上がるし貯金も増える?

 

食わず嫌いにならない

 

人は誰でも興味がないものを食べたりしないように、ブログも興味がないネタは書こうとはしません。

 

しかし、それでは趣味や興味が少ない人はすぐにネタが付きてしまいます。

 

この世の中にはあなたの知らないことや、まだ経験しことのないことが溢れかえっています。

 

恋人や友達がいつも話題にしているドラマ。

 

あなたが独身であれば、既婚者の友人が口にする旦那や嫁の愚痴。

 

興味を抱くということは、今まで知らなかった新しい情報をインプットするということです。

 

積極的に自分の世界に飛び込んでいきましょう。

 

育った環境を振り返る

 

あなた自身、子供の頃は大好きだったのに、大人になって全く興味が失くなったことが一つや二つはあるはずです。

 

例えば、マンガや編み物。

 

スポーツなどもありますね。

 

それでも中々見つからない人は、親兄弟、祖父母などの家族がどういった趣味を持っているか確かめるのも効果的です。

 

例えば僕の場合は母親が料理人だったので、料理の記事を書いて大爆発したことがあります。

 

生まれ育った環境というのは人格形成に多大なる影響を与えています。

 

例え母親が編み物が得意で、過去あなたが一度も興味を抱いたことがないとしても、ある日突然好きになったりする場合もあります。

 

積極的に自分の過去を振り返り、年齢ごとにどんなことをしていたのか書き出してみましょう。

 

関連記事:アドセンスブログ初心者が月収10万円を超えるために必要な6つの心構え

 

疑問を持つ

 

人間何十年も生きていると以前は新鮮に思えたことが、いつの間にかまるで空気のようになにも感じなくなってしまいます。

 

なぜ白色は白というのだろう?

 

なぜ空気は透明なのだろうか?

 

こんなこと大人になって口にしたら周りに馬鹿にされますが、この疑問に思う気持ちが重要なのです。

 

疑問は新しい発見を生み出す母です。

 

なんとなく毎日を送るより刺激がり、楽しんでブログで稼げるなんてこんなに素晴らしいことはありません。

 

ただ一点付け加えるなら、ネガティブではなくポジティブな疑問を心がけるようにしてください。

 

例えば仕事が遅い同僚がいたら

 

『なぜこの人はこんなに仕事が遅いのだろう』

 

ではなく

 

『なぜこの人はこんなに仕事が遅いのだろう。もっと◯◯したら速くなるのに』

 

というように、前文がネガティブでも最後はポジティブに発想する感じです。

 

これにより、人にとって価値のある記事を生み出すことが可能となります。

 

今回は『成長痛に』なった時の心の持ち方についてご説明しましたが、この思考を身につけるだけで面白いようにネタが見つかるようになります。

 

是非実行してみてください。

 

関連記事:なぜか順調に進まない人やタイプにありがちな特徴とは?傾向と対策