2018年タイとマレーシア国境のATMや両替所情報!バス鉄道フェリーも

こんにちは、海外を旅しながらブログで月収60万超えを達成した門脇れんです。

 

ネットビジネスを始める前私はマレーシアの首都クアラルンプールで5年程働き、その後タイのバンコクで1年数ヶ月ほど仕事をしていました。

 

その前はバックパッカーとしてアジアや東ヨーロッパなどを旅していたのですが、一番好きだったのはやっぱり陸路での国境越えです。

 

たった数百メートルなのにその先には全く違う言語と文化を持った人たちの世界。

 

島国に住む日本人にとって歩いての国境越えは言葉に表現できない程のワクワク感と感慨深い喜びを感じたものでした。

 

でも国境越えをしていると予想もしない問題が度々発生。

 

鉄道やバス情報はそれなりにあるのですが

 

ATMや両替所、そして電話番号の取得方法について分かりやすく紹介したサイトは以外に少ないんですよねー。

 

特に両替とトイレに関しては1番困りました。

 

ミニバスやトイレのない大型バスで国境を越えようとするとどうしてもトイレ休憩が必要となります。

 

でもタイやマレーシアではほとんどのトイレが有料だったりなかったり。

 

国境を超える時には現地の小銭がないとトイレにも行けないので要注意です。

 

というわけで今回は個人旅行者やパックパッカーの方に少しでもお役にててればと思い

 

タイとマレーシアの国境越え情報を書いてみました。

 

また、爆発テロなどの危険情報も併せてお伝えします。

 

 

そして、バックパッカーには必見!

 

この記事の最後にはブログでの稼ぎ方と、1記事で1日1万アクセスを叩き出した記事の公開プレゼントをご用意しているので楽しみにしてくださいね。

 

関連記事:2018年タイのインターネット通信速度は?バンコクホテルのWi-Fiスピードをテストした

 

タイーマレーシア間の国境は4箇所

 

飛行機でひとっ飛びするのも便利ですが、歩いての国境越えは島国に生まれた日本人ならではの喜びと感動がありますよね。

 

現在、タイーマレーシア間で日本人が越えることが出来る国境は4箇所。

 

1、2、4の赤丸はバスや鉄道などの陸路で、3の青丸はフェリー(船)での海路です。

 

2の東海岸側はたまにテロ爆発が発生しているのでオススメしません。

border2

①パダンブサール(Padang Besar)国境をバスや鉄道で越える

 

タイ側:バスやタクシーの場合

タイーマレーシア間でもっとも便利でアクセスがし易いメインルートがこのパダンブサール国境です。

 

タイのハジャイという街とマレーシアのペナン島の街を結ぶ大型バスやミニバスが30分置きに走っています。

 

国境まではタイのハジャイからバスで約30分。

 

マレーシアのペナン島からだとバスで約2時間半から3時間程(バスの休憩時間によりけり)

 

タイ側パダンブサール国境のイミグレーション前には小さな町があります(本当に目の前です)。

  • セブン-イレブン:イミグレーションから徒歩数分のところ
  • ATM:街中にたくさんありますが、イミグレーション内にはありません。
  • 銀行:街中にたくさんありますが、イミグレーション内にはありません。
  • 両替所:街中のホテル
  • トイレ:イミグレーション内に有り(有料:5バーツ:2017年11月現在)
  • 宿泊所:ホテルや安宿は沢山あるがほとんどが売春宿と化している。
  • 郵便局:街中にあります。
  • 見どころ:全く無し
  • バス停:ハジャイ行きのミニバスがセブンイレブン前より出発
  • 国境の開門時間:5:00~21:00(マレーシアの方が時差が1時間早い)

 

町中には小さいマーケットや2000円くらいの安宿が有りますが、売春宿になっているので女性にはオススメしません。

また、2015年7月には国境近くの街で死者が出る爆発テロが発生しました。

よほど運が悪くないかぎり爆発テロに遭遇することはないと思われますが、国境を越える際は注意してください。

夜遅くに到着して滞在しなければいけなくなった場合、安全なマレーシア側での滞在をオススメします。

 

マレーシア側:バスやタクシーの場合

マレーシア側のパダンブサールは国境の目の前に小さい町があり、鉄道の駅(Padang Besar)もあります。

ATM:街中にたくさんありますが、イミグレーション内にはありません。
銀行:街中にたくさんあります。
両替所:不明
トイレ:タイ側から超えた場合、イミグレーションを出たところに無料トイレあり
郵便局:町中にあります。
宿泊所:町中に数軒ある。
見どころ:全く無し
国境の開門時間:5:00~21:00(タイの方が時差は1時間遅い)

町中には小さいマーケットやセブンイレブンがあります。

2017年3月現在、マレーシア側での爆発テロは起こっていませんが念のために国境を超える際は前もって調べておきましょう。

 

パダンブサール駅情報

鉄道ルートは1つのみですが、列車への乗車は下記の駅から乗り降りします。

ハジャイ(HAT YAI)タイ側      ー     クアラルンプール(Kuala Lumpur)マレーシア側

ハジャイ(HAT YAI)タイ側 ー      バタワース(Butterworth)マレーシア側(ペナン島近く)

国境を超えるとき列車はマレーシア側にあるパダンブサール駅に停車(地図の丸1番)。

駅舎内のホームが国境のイミグレーションになっていて、1時間ほどの待ち時間があります。

ただし駅内にATMや両替所はありません。

食堂:2階にあり
トイレ:無料のトイレあり
売店:1階にあり
両替所:無し
ATM:無し

 

②Sungai kolok(タイ)ー  Rantau Panjang(マレーシア)国境

 

地図上の②番のところにある東海岸陸路超えの国境。

タイ側のスンガイコロクとマレーシア側のランタウパンジャン。

ここは橋を歩いて越える国境になり、2国間を行き来しているバスや鉄道はありません。

国境(イミグレーション)内のATMや両替所

2国間のイミグレーション内にATMや両替所はありませんので気をつけましょう。

※マレーシア側での両替所はレートが悪いので、タイのスンガイコロクでの両替をオススメします。

 

タイ側からの国境越え

タイ側のスンガイコロクの町の中心部から川のある国境までは徒歩20分程。

バイクタクシー料金:駅や街中から50バーツもあれば十分(マレーシアの通貨も使用可能で5リンギット)。

三輪オート車のトゥクトゥクは乗車人数や荷物の量によって料金は変わってきますが、100バーツ(300円)ぐらいで行くことが出来ます。

※スンガイコロクでは街中に両替所がいくつか有ります。

ホテルはレートが悪いので両替所で両替しましょう。

街中に見どころは全くないので、そのままミニバスや鉄道でHAT YAI(ハジャイ)へ行くことをオススメします。

ミニバスのバス停はスンガイコロク駅目の前の大通りにあります。

※スンガイコロクでもたまにイスラム過激派による爆発テロが発生しています。
国境を超える場合、見どころは全く無いので速やかに移動しましょう。

国境を超える前にかならず外務省海外安全ホームページを御覧ください。

普通にマレーシアの通過(リンギット)を使うことが出来ます。

 

マレーシア側からの国境越え

マレシア側の国境横にある町ランタウパンジャンに商店など小さい店はありますが、ホテルやゲストハウスなどは殆どありません。

見どころも全く無いので宿泊するのはオススメしません。タイ側のスンガイコロクもイスラム過激派による爆発事件がたまに発生しているので、ハジャイの街へ移動することをオススメします。

国境を超える前にかならず外務省海外安全ホームページを御覧ください。

普通にタイの通過(バーツ)を使うことが出来ます。

 

携帯の電話番号の取得について

 

パダンブサールの駅舎内でSIMカード式のプリペイド番号は販売されておりません。

駅舎内以外であればタイもマレーシアも国境の町で購入が可能です。

値段は日本円にして300円ほどから。

SIMロックが解除されたスマホであれば、日本のスマホも利用可能です。

タイの電話会社:True Move、DTAC、AIS(True Moveが1番仕様エリアが広い)
マレーシアの電話会社:MAXIS、Digi、Celecom(MAXISが1番仕様エリアが広い)
必要書類:パスポートのみ

 

詳細につきましては下記リンクをご参照ください。

マレーシアモバイル通信速度の実情は?スマホ4G SIMカードは2018年もスピードアップ?

 

タイ側もマレーシア側も国境の街中には見どころが全く無いので、体調が良くなかったり夜遅くに到着しない限りは通りすぎる事をお勧めします。

 

また、タイ側では数年おきくらいで爆発テロが発生しているので、常に外務省海外安全ホームページなどで最新情報を事前にお調べください。

 

国境を超えたあと、超える前に持っていた通過が必要ない場合国境の街で両替する方がレートは良いです。

 

首都にで両替するとかなりレートが悪くなります。

 

フェリー情報は後日アップ予定です。

 

そして冒頭でご紹介したバックパッカー必見!

 

旅をしながらブログで稼ぐ方法、僕が1記事で1日1万アクセス(PV)を集めたページを現在無料メルマガでプレゼント中です。

 

こちらがその時の証拠画像です。

このページを公開するということは、1万アクセスを集めたページのみならず、ブログ自体の全てを公開するということになります。

 

アドセンスでは1日3000円もの収益に値する価値です。

 

それ故、なんども止めようかと思ったのですが、今回は思い切って公開することに決めました。

 

ただ、あまり多くの人に教えることはリスクですし、突然この特典を削除する可能性もあるので少しでも興味がありましたらぜひこちらからご確認ください。

1日1万アクセスプレゼントのメルマガへ

本日は最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事:Google Chromeが遅い重い場合64bitに変更で速くなる方法とは?