WordPressのURLリンク切れが分かるプラグインは?内部と外部もOK

どうも、Mr.フリーマンです。

 

多数あるワードプレスの無料プラグインでも

 

『ブログに貼り付けたリンクが開かなくなった』

『クリックした先の画面が真っ白になった!』

 

など、本文記事に挿入しているリンク先が見れなくなった時に自動通知してくれるプラグイン

 

Broken Link Checker

 

は痒いところにも手が届くほど便利なプラグインです。

 

プラグインという言葉は初めてという方は
コチラを御覧ください。

 

この記事ではBroken Link Checkerのインストールや使用手順についてご紹介したいと思います。

 

おすすめプラグイン:ワードプレスでアクセス数やアドセンスのクリック率上げるプラグインとは?

 

リンク切れとは?

リンク切れとはリンク先のサイトが閉鎖してしまったり、何らかの理由で見れなくなっている場合の事をいいます。

 

目的のページを開こうとした時にこのような真っ白い画面でメッセージが出る場合があります。

broken2

 

Youtube動画であれば下記画像のように

『この動画は非公開です』

と表示されているのもリンク切れです。

broken3

 

もちろん写真画像などもリンク切れで見れなくなることがあります。

 

このようにリンクが切れてしまっていてはせっかく訪れてきた閲覧者がサイトから離れてしまいます。

 

アクセス数を上げたり再度訪問してもらうためにもリンク切れを自動通知しくれるプラグイン

Broken Link Checkerをインストールしましょう。

 

因みにBroken Link Checkerでは下記画面のような表示でリンクエラーを通知してくれます。

broken1

 

外部サイトだけでなく自分自身で作成した内部サイトリンクも通知してくれる優れものなんです。

おすすめプラグイン:ワードプレスでアンケートボタンを作成するプラグインWP-Pollsとは?

 

Broken Link Checkerのインストール方法

 

①Wordpress画面左にある『プラグイン』をクリックbroken4

 

②『新規追加』をクリック
broken5

 

 

③プラグインの検索ボックスに『Broken Link Checker』と入力しエンターを押す
broken6

 

④『今すぐインストール』をクリック
broken7

 

⑤『プラグインを有効化』をクリック
broken8

 

これでインストールは完了です。

おすすめプラグイン:ワードプレスでアドセンス広告を好きな場所に配置するプラグインは?

 

リンク切れ確認方法

 

①『ツール』 ⇒ 『リンクエラーをチェック』をクリック

broken9

 

 

リンク切れがなければこのように『リンクエラーは見つかりませんでした』と表示されます。
broken10

 

おわりに

 

Broken Link Checkerは確かにリンクエラーを通知してくれますが、画面上でのポップアップ通知はしてくれません。

定期的にリンクエラーのチェック画面を開いて確認しましょう。

その他の必須やお勧めプラグインは下記をご参照ください。