ブルガリアおすすめ料理やデザートは?食事の値段は幾らくらいで食べられる?

※このページは2009年に約2ヶ月間の旅日記を加筆修正したものです。

 

【Mr.フリーマンの旅中毒日記12】

 

前回のソフィアのユースホステルについては下記リンクへ。

ソフィアの安宿インターネットホステルの行き方やストリート名は?値段はいくら?

 

 

2009年07⽉13⽇

 

空が明るくなり始めた早朝にブルガリアの首都ソフィアへ到着。

 

夜行バスは椅子のスペースは広く快適でぐっすり寝ることができた。

 

バス停に到着後、タクシーの運ちゃんと揉めながらも無事チェックインを終え、早速ぶらぶらと街を探索へ。

 

ホステルで貰った地図を⾒るとさっきのバス停は街の北側に位置し、⾒所は本当に 街のど真ん中。

 

歩いても1⽇もあれば事⾜りる程の⼤きさらし い。

 

 

街には未だソビエト連邦時代の衛星国だった共産主義の⾊が残る。

 

中国とはまた違った冷たい雰囲気が新鮮だ。

 

 

 

⽇本では味わえない寒冷地ならではの樹⽊。

 

これだけでも少し興 奮。

 

といっても、首都ソフィアは真冬にはマイナス5度くらいまでしか気温は下がらない。

 

 

 

街を⾛る路⾯電⾞。

 

トルコよりも古めかしく味がある。

 

 

 

通勤者相⼿に花を売るおばちゃん。

 

花屋は朝が早い

 

ソフィアではこういった路上で切り花を売るおばちゃんが多かった。

 

 

 

ここまでくるとイスラム教とはまた違ったデザインの建物が多い。

 

⽇本にはない建築様式にしばし感動。

 

 

 

 

ヨーロッパではこういった軍の英雄をたたえた銅像が多い。

 

 

 

 

ここにも赤の面影が?

 

この色を見るとどうしても共産主義を連想してしまうのは俺だけ?

 

 

 

 

この日の日本円両替レートは1.46。

 

ブルガリアの物価はどれくらいかというと、、、

 

 

今⽇のランチ。

 

コーラ付で3レバ(約200円)。

 

ブルガリアらしくヨーグルトがトッピングされててフライドポテトが入っている。

 

これがメチャ美味かった!

 

最近東京でも秋葉原でケバブを売っているが、どの店も日本人向けの味付けで飽き飽きしてたがこれだったらまた食べて見たいと思った。

 

 

 

歩いていると街の⾄る所で教会に出くわす。

 

中に⼊ってみると物凄く暗く、意外にも板張 りの床に⽊のドア。

 

ブルガリアに行ったら教会はおすすめです。

 

 

 

可愛い少⼥たち・・・・

 

だったがこの後、⾦をくれとねだってき た。

 

一見、ちゃんとした服を着てるのにこれにはビックリした。

 

 

まだまだ現役。

 

がんばってます。

 

 

 

公園でチェスに興じるおじいちゃんたち。

 

そういえば中国では麻雀だったなー。

 

かなりパイのデカい(笑)

 

 

フルーツはかなり安いのでおすすめです。

 

 

 

 

⼀個1レバのプリン。

 

めちゃくちゃおいしかった。

 

これで100円もしないなんてありえない!

 

ブルガリアはヨーグルトよりプリンがおすすめ!

 

これ以外にもビーフシチューが超うまい!

 

ヨーグルトのイメージがあったから意外だったけど、ブルガリアは何を食べても美味しかった。

 

 

 

突然こんな所に窓が︕

 

何かと思ったら洋服の修理屋さんだっ た(笑)

 

しかも鉄格子付き。

 

治安の悪さが伺える。

 

夜9時過ぎ、ホステルに帰ると50歳位の太⽬のドイツ⼈男性が 隣のベッドにいる。

 

名前はゲルハット。

 

俺が明⽇マケドニアの⾸ 都スコピエに⾏くと⾔うと、

 

I go with you!

 

と突然⾔ってきた。

 

まだあ会って10分程なのにこの気さくさは何なんだ ?

 

しかも少し変わった雰囲気を持っている。

 

冗談半分で聞き流し、 イスタンブールからの⻑旅で疲れていたのですぐに寝てしまった。

 

P,S ブルガリアは美⼥だらけ。

 

右を⾒ても、左をみてもスーパーモデ ル級。

 

本⼈にも⾃覚があるのだろう、歩き⽅もスーパーモデル。

 

⾃信満々にガラスや鏡に映っている⾃分をこれでもかと⾒ている、、、

 

のをじっと見ている俺(笑)

 

次回はいよいよマケドニアへの国境越えだ!

 

なんだけど、ここでもまたトラブルが。。。(´;ω;`)

つづく