YouTubeスマホ画面上にチャンネル登録を表示する方法(モバイル&PC)

どうも、Mr.フリーマンです。

 

今回はYouTubeのチャンネル登録ボタンスマートフォンパソコン画面上に表示させる機能、『終了画面』をご紹介します。

 

どういうことかというと、このように右下に赤い『チャンネル登録』ボタンが表示されているのが分かります。

 

画面上のアイコンにカーソルを重ねると『チャンネル登録』ボタンが表示されて登録できるという機能なんです。

 

左側のアイコン『箱庭劇場のブログはココをクリック』は、外部サイトのリンク先を設定したボタンです。

 

YouTubeでは画面上に外部リンクを設置できるアノテーションというボタンもありますが、これはパソコンのみでスマホなどのモバイル端末では機能しません。

 

今回ご紹介する機能であればAndroidやiPhoneなどのモバイル端末でも画面上に表示されるので、チャンネル登録へ視聴者を誘導することができます。

 

しかしこの機能はメリットとデメリットがあるので、その点に注意して導入するか決めましょう。

 

今回はチャンネル登録のみについてご紹介しますね(話が長いので)。

 

関連記事:Youtubeスマホ画面閉じても再生視聴できる裏技!iPhone&Android真っ黒い画面もOK

 

スマホ画面上にチャンネル登録を設置する方法

 

その名の通り動画終了間際にしか設置できない

 

『終了画面』という名の通り、チャンネル登録ボタンは動画の終了間際にしか表示されません。

 

しかも細かいルールも結構あって、好きな場所に自由自在に設置できるわけではないんです。

 

  • 動画の長さは25 秒以上必要
  • 動画の最後の 5~20 秒に表示されます
  • AndroidのYouTube アプリはバージョン 11.04 以降
  • iOS 9の YouTube アプリのバージョン は11.03 以降

 

 

メリット

 

  • パソコンだけでなく、スマホなどのモバイル端末からの視聴者をチャンネル登録へと誘導できる

 

 

デメリット

  • チャンネルアイコンの画像300×300が強制的に挿入される
  • 設置可能な範囲が限られている
  • 少なくとも動画か再生リストを1つ同時に設置しなければならない
  • 背景デザインにマッチしない
  • アノテーションと同時に使用できない

 

終了画面はスマホ画面からチャンネル登録へ誘導できるというメリットがあるる反面、強制的に300×300のチャンネルアイコンが使用されます。

 

しかも少なくとも動画か再生リストを1つ同時に設置しなければならないので、動画の世界観が崩れてしまうデメリットがあります。

 

また、アノテーションと同時には使用できないので、どちらか一方を選択する必要があります。

2018年以降もグーグルアドセンス審査に通る無料ブログBloggerの使い方

 

終了画面でチャンネル登録ボタンを設置する

 

Youtubeにログインし、画面右上のチャンネルアイコンをクリックします。

 

 

 

『クリエイターツール』をクリックします。

 

 

チャンネル登録ボタンを設置したい動画の編集ボタン横にある矢印をクリックして、『終了とアノテーション』をクリックします。

 

 

『要素を追加 』をクリックして、『チャンネル登録』のところにある『作成』をクリックします。

 

 

するとチャンネルアイコンが出現するので、表示させたい場所にドラッグ・アンド・ドロップで移動しましょう。

 

 

表示させる時間は画面右下にあるバーを移動したり、伸び縮みしたりして調整します。

 

このままの状態では最低条件である動画を挿入していないので保存することはできません。

 

動画は要素を追加をクリックし、『動画または再生リスト』の『作成』ボタンをクリックしてください。

 

 

最新のアップロード、視聴者に適したコンテンツ、動画または再生リストを選択の内どれかを選択し、『要素を作成』をクリックしてください。

 

 

すると動画が挿入されるので表示させたい位置にドラッグ・アンド・ドロップで移動し、表示時間を設定して保存ボタンをクリックします。

 

以上でスマホなどのモバイルでもチャンネル登録ボタンが表示されるようになります。

 

アノテーションという別の方法だと、スマホでは表示されませんが好きなタイムにリンクを貼り付けることが可能です。

 

設置方法につきましては下記リンクをご参照ください。

YouTube画面上にチャンネル登録リンクが貼れない?ユーザー名を入力とは?