FFFTPでテーマヘッダーの探し方や検索方法は?使い方やバックアップは簡単

どうも、Mr.フリーマンです。

 

今回はFFFTPというツールの簡単な使い方や、テーマヘッダー(header.php)ファイルの探し方についてです。

 

FFFTPを始めたばかりの初心者にとって、見慣れない画面なので使い方で戸惑う方も多いと思いますが、このツールはブログやホームページで稼いでいる人にとっては必須のツールです。

 

『FFFTPでなにができるの?』

 

『いらないんじゃ?』

 

って思う人もいるかと思いますが、バックアップをとっておいたり、ブログにアクセスできなくなった時にFFFTPからアクセスして修復したりできるツールなんです。

 

ワードプレスで作ったブログが突然のエラーで画面真っ白!

 

大抵はテーマヘッダー(header.php)やその他php(コンピュータ言語)部分をいじってしまうのが原因なのですが、ワードプレスに対する知識を持っていない人が記述コードを書き換えてアクセス出来なくなっている事が多いんです。「

 

その一番の理由は、SEO対策としてGoogleのSearch ConsoleやBingのウェブマスターに登録しようとすると、必ずブログテーマのヘッダー内(php)にタグを挿入しろと言ってくるからなんです。

 

ワードプレスだとこのような画面です。

 

ただ単に指示されたコードをコピペするのみなんだけど、素人にとってこのコードはチンプンカンプン。

 

でもGoogleやBingはこの変更作業がどれだけ危険なことなのか『挿入してください』と言う前に十分説明していません。

 

設定変更について説明しているブログ記事がたくさんあるのですが、やはり危険性について説明していなかったり、あっても分かりづらく初心者には理解不能です。

 

今回はそんな悩みに苦労した私の経験から、テーマヘッダーを編集する前にFFFTPでheader.phpファイルの保存場所の探し方や基本操作についてご説明します。

 

FFFTPのダンロードや設定につきましてはコチラを御覧ください ⇒ ワードプレスの画面がエラーで真っ白になった時の修復方法

 

操作画面について

 

FFFTPにログインすると、画面左側があなたのパソコンのフォルダ情報。

 

右側が登録しているサーバー側のフォルダです。

 

私の場合はエックスサーバーを使用しているので、エックスサーバーに登録しているドメインを全て閲覧編集できる様になっています。

 

ファイルを移動したい場合は、右から左へ、または左から右へとドラッグアンドドロップで簡単にアップロードやダウンロードができるようになっています。

 

また、ワードプレスでコードを編集する際にコピーを作成してバックアップをしたりましす。

 

 

この赤枠の部分、『一つ上のフォルダへ』のボタンで上の階層に移動しますが、キーボードのバックスペースキーでも移動します。

 

因みに私の場合、右のサーバー側に『backup』というフォルダが作成されていますが、これは私が作成したのではなく、有料でエックスサーバーに依頼した時に作られたバックアップファイルです。

 

この設計概念を理解するとアップロードやダウンロード作業は簡単に行なえるようになります。

 

ただし、どういう意味があるのか理解していないファイルをいじるのは止めましょう!

 

私のようにエックスサーバーに連絡し、有料で数日前の状態に戻してもらうようになってしまいます。

リンク先を別のページで開いて滞在時間をアップさせるプラグインは?

 

テーマヘッダー保存場所の探し方

 

ここでご紹介するのはWordpressのテーマヘッダー(header.php)の場所です。

 

テーマヘッダーを探したいブログのドメインアドレスをクリックします。

クリックで拡大

 

 

『public_html』をクリックします。

 

 

 

『wp-content』をクリックします。

 

WPはワードプレスの意味で、contentとは中身や内容物といった意味です。

 

『themes』をクリックします。

themesの意味は『テーマ』です。

 

つまりここでは、ワードプレスのテーマの中にあるデータへアクセスしようとしているところです。

 

ここではプラグインとしてインストールされているテーマの一覧が表示されます。

 

  • hummingbird
  • twentyfifteen
  • twentyfourteen
  • twentysixteen

 

私の場合、上記4つのテーマがインストールされていると表示されていますが、実際に使用しているのはhummingbirdなので、hummingbirdをクリックします。

 

あなたの場合は、あなたが使用しているテーマをダブルクリックしてください。

 

テーマの名前がわからない場合は下記の手順でお確かめください。

 

画面左から『外観』⇒『テーマ』をクリック。

 

 

有効になっているテーマが現在使用しているテーマです。

 

 

画面をFFFTPへ戻りましょう。

 

 

『header.php』という名前のファイルが探しているヘッダーファイルです。

 

赤のアンダーラインは、保存されている階層のアドレスです。

 

『でもこのファイルが本当に私が探しているヘッダファイルなの?』

 

という方は実際にファイルをダブルクリックして開いてください。

 

するとウインドウズならこのようにphp言語で記述されているコードを閲覧することができます。

 

そしてこのコードと同じ内容がワードプレスのヘッダーphp画面でも見ることができるのか確認すればOKです。

 

『外観』 ⇒ 『テーマの編集』をクリックします。

 

 

この部分に書かれてあるphp言語コードとFFFTPで確認したコードが一致していればOKです。

 

 

アクセスが多いフォルダをブックマーク

 

テーマヘッダーはなにかとアクセスする回数が多いフォルダです。

 

毎回クリックして開くのは面倒なので、ブックマークしておくと便利です。

 

ブックマークしたいフォルダをあらかじめ開いておきます。

 

 

 

画面上部の『ブックマーク』をクリックして『追加-ホスト側(H)』をクリックします。

  • 追加 – ホスト側(H)⇒ 画面右のサーバー側
  • 追加 – ローカル側(L)⇒ 画面左のパソコン側

 

 

プックマークをクリックすると、保存先したフォルダのアドレスが表示されるので、次回よりこれをクリックすれば直ぐに目的のフォルダを開くことが出来ます。

 

因みにHummingbirdでthemesフォルダに保存されているファイルは下記のとおりでした。

  1. .DS_Store
  2. 404.php
  3. archive.php
  4. CHANGELOG.md
  5. comments.php
  6. footer.php
  7. functions.php
  8. head.php
  9. header.php
  10. home.php
  11. index.php
  12. licence.txt
  13. page-full.php
  14. page.php
  15. parts_add_bottom.php
  16. parts_add_top.php
  17. parts_archive_big.php
  18. parts_archive_card.php
  19. parts_archive_simple.php
  20. parts_homeheader.php
  21. parts_singlefoot.php
  22. parts_sns.php
  23. parts_sns_short.php
  24. related-entries.php
  25. screenshot.png
  26. search.php
  27. searchform.php
  28. sidebar.php
  29. single-post_lp.php
  30. single.php
  31. singleparts_full.php
  32. style.css
  33. yarpp-template-relative.php

キーワードプランナーのサジェスト候補で安定ネタ探し!Google Adwordsとは?

 

まとめ

 

FFFTPは単純な設計概念で作られているので基本操作さえ覚えてしまえばとても簡単なツールです。

 

しかし保存されているファイル意味を知らない方が操作するのは現金。

 

初心者の方はテーマヘッダーだけで十分です。

 

コードを書き換える前は必ずコピーを保存してバックアップしましょう。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

 

もし宜しければこの下にあるコメント欄からご意見やご感想をお聞かせください。

Search ConsoleやBingの検索エンジンにインデックスしてSEO強化!