イスタンブール ガラタ塔の場所&行き方!モスク以外も見どころ満載

※このページは2009年に約2ヶ月間の旅日記を加筆修正したものです。

【Mr.フリーマンの旅中毒日記10】

 

前回のイスタンブール屋上テラスから海の見えるゲストハウスは下記リンクへ!

イスタンブール屋上テラスから海の見えるゲストハウス!安いし朝食付きでおすすめ!

 

バンコクからカイロ経由で一気にトルコのイスタンブールへ。

 

搭乗したエジプト航空は遅れた上に何度も乗り降りさせられ疲労困憊。

 

しかしイスタンブールの市街地で見た美しいモスクに癒され、そんな疲れも一気に吹っ飛んだ。

 

翌朝、屋上テラスから美しい海を眺めながら朝食を摂った後、街中を散歩してみる。

 

イスタンブールはスルタンアフメットと呼ばれるエリアに⾒所が集中しているので初めてでも観光しやすい。

 

モスクは昨晩⾒てしまったので路⾯電⾞のレ ールに沿って港へと歩いて向かうことにした。

 

 

すると遠くの⽅に⼤きなタワーが⾒えてきた。

 

対岸に架かる橋のさらに向こうの丘の上にそびえ⽴っている。

 

 

高さ66.9メートルのガラタ塔だ。

 

地下宮殿があるエリアのホテルに宿泊していれば、とりあえず橋のある海へ向かうだけ。

 

橋は歩いて行った方がガラタ塔へ登った時に歩いた場所を見ることができるので楽しい。

 

年中無休で営業時間は9:00〜20:00まで。

 

30分ほどかけて歩き、10リラ(2017年現在は19リラ)を払いタワーの屋上へ登ると、イスタンブールを一望できるすばらしい景⾊。

 

連⽇30度の暑さだが、海からの冷たい⾵で体が癒される。

 

 

タワーから降り、ぶらぶらと歩いていると突然また路⾯電⾞が現 れた。

 

今度は⼀両⾞両のかわいい電⾞。

 

 

 

どこに⾏くか分からない が、とりあえず乗ってみると、⾃転⾞よりゆっくりとおしゃれなショッ ピング街をノロノロと⾛る。

 

10分ほどで終点のタクシムスクウェアへ到着。

 

タワーから⾒た ときにアジア側に⾏くフェリーがあったのでとりあえず海へ行くことにした。

 

 

大通りより少し中に入った路地が面白い。

 

 

 

イスタンブールは⼩さい路⾯電⾞を除いては、フェリーも電⾞も すべて1.5リラ(約100円)。

 

どこまで⾏ってもこの値段は分か りやすい。

 

下の写真は対岸のケバブ屋さん。

 

トルコは多民族国家なのでいろんな顔があり、たまにイケメンや美⼥がいるがほとんどは⿐だけ異常 にでかかったり、⽬が離れていたりとにかくしつこい︕

 

⽇本⼈としてしつこい顔の⾃分の顔が最近ベビーフェイスに⾒えて きた(笑)。

 

花屋のおねえさんは喜んで写真OK

 

 

海岸沿いで釣りをする⼈。

 

⼤漁です︕

 

 

 

歩いていたらいつの間にか現地⼈しかいないエリアに入り込んでしまった。

 

ビーチじゃないが、楽しんでます(笑)。

 

 

対岸の観光地はきれいに整っているが

 

人のいない所では打ち上げら れた船が放置されていた。

 

 

イスタンブール、予想していた以上に楽しい街だった。

 

そして次はいよいよヨーロッパのブルガリアへ突入だ!

つづく