Impress文字の書き方や矢印の挿入方法は?テキストボックス回転や拡大縮小の使い方

 どうも、Mr.フリーマンです。

 

ブログでアクセス数をアップさせるためにはサムネイルの見た目も重要になってきます。

 

最近では、マイクロソフトが有料で提供しているパワーポイントやワードなくてもOpenOfficeという無料ソフトでも充分すぎるほど間に合う機能を持ち合わせています。

 

私がブログで月収10万円 → 30万円 → 60万円を達成した時はこのOpenOfficeを使って達成しました。

 

このページではそのOpenOfficeのImpressの基本的な下記5点の使い方をご紹介します。

 

  • テキストボックスを使った文字の挿入方法
  • テキストボックスの拡大縮小
  • テキストボックスの回転方法
  • 矢印の挿入方法
  • 矢印の回転の仕方

 

パソコンにソフトをインストールしたくない方はGoogleが提供している無料ツールを利用することもできますよ。

 

詳細につきましては下記リンクをご参照ください。

Googleアカウントの無料アプリや便利なサービス機能で作業効率アップ

 

Impressで文字の挿入

 

ペイントのソフトウェアでも画像に文字や矢印の挿入は可能ですが、Impressを使うと斜め向きの矢印や、特徴のある鮮やかな文字を使うことが出来ます。

 

手順はいたって簡単です。

 

①ウインドウズの画面左下にある検索画面にImpressと入力し『OpenOffice Impresss』をクリックします。
impress

 

 

②『次へ』の文字が2回出てくるのでクリックし、最後に『作成』をクリック
impress2

 

 

すると『クリックしてタイトルの挿入』と『クリックしてテキストの挿入』が表示されますが、これはテキストボックスと呼ばれる文字を入力するためのツールです。

 

文書作成ソフトとは違い、文字を書く時はこのテキストボックスを使って入力します。

impress3

 

 

この『クリックしてタイトルの挿入』と『クリックしてテキストの挿入』をそれぞれダブルクリックすると、文字の入力が可能になります。

impress4

 

もちろんこのテキストボックスは、自由自在に配置を移動したり、サイズの変更も可能です。

 

もしこのテキストボックスを削除したい場合、ボックスの線の真上をクリックしてキーボードの削除ボタンを押してください。

 

impress5

 

四つ角の色が赤色ではなく水色の時に大きさを大きくしたり、小さくしたりサイズ調整ができます(詳しくはこのページの立体矢印を回転したい場合でご紹介)。

 

新しいテキストボックスを表示して文字を追加入力したい場合は画面左下にある【T】ボタンをクリックしてください。

 

【T】ボタンが見当たらない場合は上に表示されている場合もあります。

 

Impressで矢印を挿入する

 

矢印を挿入したい場合は画面左下にある細い矢印ボタンか、立体式のボタンをクリックして挿入可能です。

impress6

 

 

立体矢印を回転したい場合

 

矢印を2階クリックすると赤い丸が表示されます。
impress7

 

この四つ角の赤丸にカーソルを合わせると回転することが出来ます。
impress8

 

もし丸が水色の場合は回転できないので、丸の部分を1回クリックして赤丸に変えてください。

impress9

水色の時はサイズを拡大縮小できます。

 

OpenOfficeのテキストボックスや矢印はクリックする回数により水色と赤色に変わり、それぞれの色で設定できる機能が変わるのがキーポイントです。

 

上手く利用してオリジナルのプレゼンテーションを作成してみてください。

 

関連記事:アフィリエイト&アドセンスで成功するWordPressプラグイン23選!