ガトリンのショットガンタッチの結果や距離は?最強アスリート勝者は誰に?

毎年恒例、TBS系列で放送される『究極の男は誰だ!? 最強アスリート元日決戦! 』

2018年の元旦で一番の注目はショットガンタッチに出場がする現役の100m短距離アスリート、ジャスティン・ガトリン(Justin Gatlin)!

ジャスティンガトリンと聞いただけでもう結果が分かったようなものだと思ったけど、他の出場メンバーを見たらこれが結構いい勝負になりそうです。

 

紅白櫻井翔顔変わった?目が腫れてるけどものもらい?どうしたの?画像あり

ショットガンタッチの出場メンバー

 

  • ジャスティン・ガトリン
  • 永井謙佑(ながいけんすけ)
  • 藤光謙司
  • ウィット・メリフィールド
  • 西川龍馬
  • 栗原嵩
  • ケイン・コスギ
  • 佐野岳  

 

優勝候補は100m走9秒74のタイムを持つジャスティン・ガトリンだと思いがちですが、ガトリンはあまりスタートが得意な方の選手ではないんです。

 

他の選手で優勝候補はアメリカのメジャーリーグ盗塁王(ロイヤルズ)ウィット・メリフィールド。

 

バリバリの現役メジャーリーガーで、スタートダッシュが命でもある盗塁で、2017年34盗塁を決めて見事盗塁王に輝いた選手。

スポンサーリンク

身長182.9 cm、体重約88.5 kgはかなり重いようにも思えますが、メジャーリガーのスタートダッシュに期待です。

 

そして「ショットガンタッチ」で世界記録を打ち出したJリーガーの永井謙佑(FC東京)も参戦!

 

身長178cm、体重71Kg。

 

爆速のスタートダッシュとボタンをタッチする絶妙のタイミングを兼ね備えた選手。

 

誰が優勝してもおかしくない今回の戦いは今までにない最高の戦いになりそうです!

 

紅白で欅坂平手友梨奈の手がブルブル震えていてヤバイ!不協和音で内村光良とダンスも

 

2018年1月1日(元旦)ショットガンタッチ結果

 

ジャスティン・ガトリン

1回目:12m00cmを頭でボールにタッチ

8人全員が成功

 

2回目:12m20cmでは腰にボールが当たる快挙!

永井謙佑、藤光謙司、西川龍馬が2回目をパス。

 

3回目:12m40mで43歳最年長のケイン・コスギが1回目・2回目を失敗しここで脱落。

 

4回目:12m60mでガトリンは高く飛んでしまい1回目を失敗するも、2回目は頭でボールを飛ばす!

西川龍馬1回目と2回目を失敗し脱落。

 

5回目:12m80mガトリン1回で成功

佐野岳 2回目のボタンを押せず脱落。

 

6回目:13m00mガトリン高く飛びすぎてここでまさかの脱落!

栗原嵩が脱落。

 

7回目:13m10m永井謙佑、藤光謙司、メリフィールド3人ともクリアー

 

8回目:13m20mメリフィールド、藤光謙司が脱落で永井謙佑の優勝が決定!

 

スポンサーリンク

紅白欅坂46で倒れたのは誰?不協和音どころかメンバーがヤバイ状態に(画像有)