ワードプレス広告自動表示プラグインおすすめや選び方の注意点は?好きな位置に貼れる?

 

どうも、Mr.フリーマンです。

 

ワードプレス(WordPress)アドセンス広告アフィリエイト広告を記事に貼る際、ページごとに1枚1枚設置してはいませんか?

 

 

手作業で広告コード貼っていると貼り忘れたりすることがあるので、初期設定さえ済ませれば自動で広告を表示してくれるプラグインを使用しましょう。

 

関連記事:ブログサイトのアクセス数統計や検索キーワードを解析するプラグインは?

 

おすすめ広告設置プラグイン

 

アドセンス広告にしろ、アフィリエイト広告にしろ、使用するプラグインは下記の6点に注意して使うようにしてください。

 

  1. 最新のWordPressのバージョンと互換性がある
  2. 初期設定さえしてしまえば自動で広告表示できる
  3. マニュアルで広告を好きな位置に配置できる
  4. 特定のページだけ自動表示を非表示にできる
  5. 日本語対応しているか
  6. ヘルプページがしっかりしている

 

最新のWordPressのバージョンと互換性がある

これは前述したように、開発者が突然開発を中止すると最新のWordPressのバージョンと互換性がとれず不具合が発生してしまいます。

 

また、セキュリティーでも問題が発生する可能性があるので、プラグインを選ぶ際は最新のバージョンと互換性があるプラグインを選びましょう。

 

 

初期設定さえしてしまえば自動で広告表示できる

 

プラグインの中には初期設定さえ行えば、記事を投稿するたびに自動で広告を表示してくれる便利なものがあります。

 

広告を張り忘れると収入減になるので自動で表示してくれるプラグインを選びましょう。

 

マニュアルで広告を好きな位置に配置できる

 

好きな場所や位置に広告を貼ることができる機能を持ったプラグインもあります。

 

 

特定のページだけ自動表示を非表示にできる

 

アドセンス広告を自動で表示しているものの、たまにアフィリエイト広告だけを表示したいといった場合もあります。

 

そんな時、特定のページだけ自動表示を非表示に設定できる機能を持ったプラグインだと便利です。

 

また、グーグルからの警告通知があった場合にそのページの広告だけを非表示にできるのでとても役に立ちます。

関連記事:アドセンス広告が表示されない原因は?スマホやパソコンで違いも?

 

日本語表記であるか

 

WordPressのプラグインの開発者は殆どが外国人です。

 

しかしまれに日本語対応しているプラグインもあります。

 

ヘルプページがしっかりしている

 

開発者が作成しているヘルプページはあるのか。

 

ある場合は詳細についてしっかりした記述があるかどうかもポイントです。

 

開発者によっては全くサポートしていないプラグインもあるので、このあたりもしっかり調べてインストールしましょう。

 

2017年9月現在おすすめプラグイン

 

2017年9月現在で上記の条件すべてをクリアしているおすすめプラグインはAdsense Adsです。

 

ヘルプページは英語のみですが、表記は日本語対応しており、ページ別に広告を非表示にすることも可能です。

 

使い方につきまして下記リンクでご紹介中です。

Advanced Adsの使い方!アドセンスやアフィリエイト広告を設置する方法