ペナン島-クアラルンプールバス料金や時間は?バス停場所はバタワースがおすすめ

ペナン島からマレーシアの首都クアラルンプールバスで行く場合、宿泊しているホテルの場所にもよるけれど、バタワースバスターミナルから乗るのがおすすめです。

 

バタワースはペナン島ではなく対岸の本土にある街で、ペナン島の観光スポットが集まっているジョージタウンからフェリーを乗り継いでバス停まで行きます。

 

 

フェリーの乗船時間は20分程。

 

素晴らしい景色を堪能できるのでペナン島を訪れたら必ず乗っておきたいところです。

 

バタワースの長距離バスターミナルからは、クアラルンプール行きのバスは1時間おきに運行しています。

 

たくさんのバス会社が運行しいているで、当日現地でチケットを購入することも可能。

 

クアラルンプールへ到着するバス停は、街の南にあるTBS(Terminal Bersepadu Selatan at Bandar Tasik Selatan)という巨大ターミナル。

 

バス停の目の前には駅があり、チャイナタウンへは電車1本で行くことができます。

 

アクセス方法については後述しますね。

 

関連記事:ペナン島両替所場所&レートが良い店はジョージタウンがおすすめ!2018年も

 

ジョージタウンからフェリーに乗ってバタワースへ

 

ペナン島側のフェリーターミナルはジョージタウンにあるリトルインディアから徒歩10分ほどのところにあります。

 

ペナン島側から本土のバタワースへの運賃は無料。

 

バタワースからペナン島へは1.2リンギット(約30円)。

 

大体30分置きくらいに運行しているので、長時間待たされることはありません。

 

関連記事:2017年タイのバンコクで4G LTEの通信スピードをテスト!スマホ実測速度は充分?

 

バタワースの長距離バス停

 

 

バタワース側にあるクアラルンプール行きのバス停は、フェリーターミナルから歩いて5分ほど。

 

フェリーを降りて、そのまま他のお客さんの後ろについていけば直ぐに見つかります。

 

 

バスチケットのカウンター。

 

このカウンターを見つける前に、売り子が『KL?』と呼びかけてくるので直ぐに購入できます。

 

2017年の11月に購入したクアラルンプール行きのバス料金は38リンギット(約1100円程)。

 

 

バス停はこんな感じなので、土砂降りの雨が降ってくると最悪です(笑)

 

周りに時間を潰せる場所はまったくなく、レストランもなし。

 

ちょっとだけ屋台がフルーツや鶏の唐揚げを売っているだけです。

 

トイレはチケットカウンター内にありました。

 

バタワースからKLの所要時間

 

バタワースからクアラルンプールまでは5時間から5時間半。

 

この日は13:30に出発し、途中イポーという街にストップしクアラルンプールへ行きます。

 

(イポーのバス停の様子)

 

10年位前に行った時は猿しかいない、なにもない辺鄙なバス停だったのに、巨大なバス停に変わっていました。

 

イポーは見どころはないので、トイレ休憩だけでそのままスルー。

 

クアラルンプールのTBS(Terminal Bersepadu Selatan at Bandar Tasik Selatan)ターミナルには19時に到着。

 

夕方クアラルンプール(KL)へ到着するバスに乗ると、道路が混雑するので30分くらいは遅れます。

 

関連記事:2017年タイ ドンムアン空港SIMカード料金や電話番号購入方法は?日本語やクレジット支払いも

 

TBSから市内のKL中心部へ

 

 

TBSは比較的新しい巨大なバスターミナル。

 

チケットカウンター

 

コンビニやレストランに、コインロッカーもあります。

 

 

 

3階にある渡り廊下を通って、向かい側にある駅、Bandar Tasik Selatan(バンダー・タスィック・スラタン)駅へと歩きます。

 

 

 

 

Bandar Tasik Selatan駅からチャイナタウンへはAmpang Lineの電車に乗って、Plaza Rakyat駅で下車。

 

電車の料金は約100円ほどだったと思います。

 

 

赤と白の電車がやってきた。

 

 

 

車内はこんな感じ。

 

エアコンが効いててメッチャ寒かった(TдT)

 

Plaza Rakyat駅を降りると、チャイナタウンの中心部へは徒歩5分程。

 

 

歩いている人に『チャイナタウン?』と言えばすぐに教えてくれるので簡単に見つかりますよ。

 

関連記事:タイ ドンムアン空港でATMキャッシングや手数料は?現金引きしに両替所場所も