サウジアラビア観光ビザで個人旅行できる?取得方法や値段(価格)はいくら?

どうも、Mr.フリーマンです。

 

世界でも最も個人旅行のしづらい国の一つとして知られているサウジアラビアですが、どうやら近く観光ビザ(ツーリストビザ)で入国できるようになるかもしれないそうです。

 

サウジアラビアってどこ?

 

っていう方のために地図を用意しました。

 

イラクの南、エジプトの東に位置するサウジアラビアは、中東諸国でも南部にある国。

 

それ故に寒い冬の時期に目指す観光客が多い国でもあります。

 

エジプトの北東にあるダハブという砂漠の真ん中にあるビーチは、たくさんの西洋人がバカンスに訪れています。

 

しかし、イスラム教徒以外は極めてサウジアラビアのビザの取得が難しいため、日本人はもとより、ヨーロッパ人にとっても遠い国の存在。

 

一部ですが、2017年11月現在日本人に発給されているビザのは下記のとおりです。

 

  • 2週間のビジネスビザ
  • 巡礼者ビザ
  • 家族訪問ビザ
  • 商用ビザ

 

因みに90日間滞在可能なシングルビザの価格は約6万円と超高額!

 

その他、日本にあるサウジアラビア大使館にて申請すると、24,840円ものビザサポート料金なるものが必要となり、ちょっと旅行にでも行こうかなんて思って行ける国ではないのです。

 

もしかすると北朝鮮より難しいかも。。。

 

 

なぜ突然観光ビザを発行に?

 

産油国としても有名で、超リッチなイメージがあるサウジアラビア。

 

しかし、近年の原油価格の下落にともない財政難に陥り、国内経済はにっちもさっちも行かない状態。

 

原油価格の下落の原因は様々ですが、アメリカのシェールオイルとシェールガスが主な理由だと言われており、このままの状態では経済破綻すると心配されているんです。

 

そんな状況のさなか、石油依存からの脱却を進めるサウジの経済構造改革に向け、2017年3月には81歳になったサルマン国王自ら日本を訪問。

 

エスカレーターで飛行機から降りる姿が何度もニュースで放映され、一躍有名にもなりました。

 

あれから約7ヶ月、今後はドバイのように金融立国を目指す方針舵取りを変え、観光客も受け入れる方針だそうです。

 

個人旅行で観光ビザ取得は可能?

 

2000年からツーリズムの解禁を考えてきたサウジアラビア。

 

サウジアラビアの新聞Al Wata(アル ワタ)によると、今回発表された観光ビザは最初のうちはサウジアラビア政府が認可したツアーグループのみになるんだとか。

 

また、限られている観光エリアも緩和される見通しですが、詳細についてはまだ発表されていません。

 

サウジアラビアではレッドシープロジェクトと呼ばれる観光プロジェクトを立ち上げ、現在約20万人のツーリスト(巡礼者を除く)から、2020年までには約8倍の150万人を受け入れる予定。

 

とはいえ、どうやらすぐに個人で観光ビザの取得はまだできそうにありません。

 

観光ビザのグループツアーでもかなり高額のツアーになると思われ、初期段階では一部の金持ちしか旅行できないでと思われます。

 

新しい情報は入り次第アップするのでお待ち下さい。

 

見どころや観光名所

 

メッカ

 

イスラム教徒であれば、一生のうちに必ず訪れたいメッカ。

 

観光ビザが発給されてもイスラム教徒以外中には入れないでしょう。

 

 

 

ナバティア人の考古遺跡マダイン・サーレハ

 

 

アラビア砂漠

 

鳥取砂丘とはレベルが違う正真正銘の砂漠!

 

 

歴史都市ジッダ

 

歴史ある都市だけど、街並みは近代国家。

 

砂漠のイメージはない。

 

Mr.フリーマンってどんな人?プロフィールについて