Search ConsoleやBingの検索エンジンにインデックスしてSEO強化!

どうも、Mr.フリーマンです。

 

新しく始めたばかりのブログはパワーが弱いので、投稿したばかりの記事は検索しても直ぐにはグーグルやヤフーに表示されません。

 

理由はGoogleやBingなどの検索エンジンへ記事内容を回収し送信するクローラーというシステムがあるのですが、パワーの強いブログから先に情報を集めているからなんです。

 

なんとも不条理な話なのですが、そういうシステムになっているので仕方ありません。

 

しかし、投稿したばかりのURLを手動でクローラーに知らせて(インデックスさせて)直ぐに表示させる事が出来ます。

 

速報系記事では直接アクセス数や収入アップに繋がるので必ず利用しましょう。

 

また、ブログのパワー(ドメインパワー)が強いサイトでも記事投稿後には必ずインデックスさせることをお勧めします。

関連記事:テレビ番組ネタの爆発成功法!1日9000PV超えのコツや裏技とは?

 

Search Consoleで手動インデックス

 

Search Console(サーチコンソール)を利用するにはグーグルのGmailアカウントが必要となります。

 

まだお持ちでない方はコチラをご参照ください ⇒ ヤフーメールが相手に届かない時はGmailで解決できる?

 

Google Search Consoleへアクセスする

 

②URLボックスの中に投稿した記事のURLを入力し、『私はロボットではありません』にチェックを入れる。

 

 

③このようにチェックが入ったら『リクエスト送信』をクリックします。

 

 

画面上部に『リクエストが受信されました。間もなく処理されます。』と表示されれば成功です。

 

早ければ数十秒ほどで投稿した記事が検索で表示されます。

 

チェックを入れた後、このようなメッセージが出たらメッセージで指定する画像を選択して『確認』ボタンを押してください。

関連記事:キーワードプランナーのサジェスト候補で安定ネタ探し!Google Adwordsとは?

 

Search Consoleでリクエスト送信しても検索表示されない

 

Search Consoleを使ってリクエスト送信後、1時間や2時間以上経っても検索結果で表示されない場合があります。

 

いつもはリクエスト送信直後に表示されているのになぜか今日は送信されない方。

 

答えはただ一つ。

 

ひたすら待つのみ!

 

 

悲しいかな

 

これは運です!

 

月間100万PVを集めているパワーの強い私のブログでさえ稀ですが半日後に検索表示されることがあるんです(´;ω;`)

 

Search Consoleはインデックス登録のお約束ではなく、あくまでもリクエスト送信です。

 

間違っても何度も送信し直すなんてことは止めましょう。

 

短時間に何度も送信すると一時的に使用できなくなります。

 

私の友人で30記事ほどURLを修正した後、Search Consoleを使って一気にリクエスト送信したら暫くの間使えなくなってしまいました。

 

ではどの位の回数までだったら良いの?

 

というGoogleからの正式発表はありませんが、私の場合1日最高10回くらい送信しても問題はありませんでした。

関連記事:ワードプレスでアクセス数やアドセンスのクリック率上げるプラグインとは?

 

Bingに登録する

 

GoogleのSearch Consoleにリクエスト送信すれば、GoogleだけでなくGoogleの検索エンジンを使用しているYahoo Japanの検索エンジンにもインデックス登録されます。

 

日本語の検索サイトはこの2社で95%のシェアという独占状態なのですが、マイクロソフトのBingを利用しているユーザーも少なからず存在します。

 

しかも、iPhoneに搭載されているSpotlightという検索機能はBingを使用しているんです。

 

少しでもアクセス数を上げるためにもBingにあなたのサイトURLを登録しておきましょう。

 

Bing登録サイトへアクセスしてください。

 

あなたのブログやホームページのURLを入力し、表示されている画像の文字を入力してから『送信』ボタンをクリックします。

 

 

『あなたのリクエストは正常に送信されました』と表示されれば成功です。

 

 

送信したブログのURLがBingに登録され、ちゃんとトラフィックデータが収集されているか確認するには『サインアップする』をクリックしてください。

 

マイクロソフトのカウントをお持ちの方はメール、電話番号、または Skype名を入力してログインします。

 

登録するサイトのURL、サイトマップ、氏名、会社名または組織名など必須項目を入力して『保存』ボタンをクリックしてください。

 

ここで悩むのはサイトマップについてでしょう。次で説明します。

 

サイトマップの欄にはワードプレスで作成したサイトマップのURLを入力し『保存』をクリックします。

 

ここではXML-Sitemapというプラグインで作成したURLの探し方についての案内です。

 

XML-Sitemapでサイトマップの作成方法につきましてはこちらを御覧ください ⇒ アドセンスブログのアクセス数アップに役立つSitemapプラグインとは?

 

ワードプレス画面左の『設定』から『XML-Sitemap』をクリックしてください。

 

 

この赤枠部分のURLがサイトマップのURLです。

 

 

このサイトマップURLをBingの登録画面に入力して『保存』ボタンをクリックすると、下記の画面が表示されます。

 

 

1~4の手順がありますが、まずは1の『BingSiteAuth.xml をダウンロード』をクリックしてください。

 

ダウンロードが完了すると下記のアイコンが保存されますが、2番のアップロードは『FFFTP』というツールを使ってアップロードします。

 

『FFFTP』のインストールや使い方についてはコチラを御覧ください ⇒ ワードプレスの画面がエラーで真っ白になった時の修復方法

 

エックスサーバーを使っている場合、アップロード先は『/◯◯◯◯.com/public_html』の直下になります。

 

 

赤枠の部分をクリックしてアップロードが成功したか確認しましょう。

 

成功していると『This XML file does not appear to have any style information associated with it. The document tree is shown below.』と表示され、その下にあなたのコードが記述されます。

クリックで拡大

 

 

赤枠部分のタグをコピーし、ワードプレスへ貼り付けます。

クリックで拡大

 

 

なのですがここから先は要注意!!

 

ワードプレスのテーマヘッダーの中にタグを貼り付けるだけなのですが、間違った場所に貼り付けるとブログ自体全く表示されなくなる事があります。

 

基本知識のない素人の方にはお勧めしません。

 

知っている方でも貼り付ける前に必ず記述されている全てのコードをコピーしておいてください。

 

一番安全な方法はFFFTPツールでheader.phpをダウンロードしておく方法です。

 

危険を知った上で作業を実行されたい方はこの先へお進みください。

 

ワードプレスの『外観』 ⇒ 『テーマの編集』をクリックします。

 

画面右にある『hedar.php』をクリックし、テーマヘッダーの編集画面を開きます。

タグを貼り付ける場所は<head>の下の位置です。

 

最後のオプション3はご利用のDNSプロバイダーをリストから選んでください。

リストになければその他を選び、『確認』ボタンをクリックしてください。

 

以上でBingの登録は完了です。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

もし宜しければこの下にあるコメント欄からご意見やご感想をお聞かせください。

関連記事:WordpresパーマリンクでURLを好きなアドレスに変更する方法は?

8 件のコメント

  • Mr.フリーまんさん、始めまして!
    先月からアドセンス申請用のブログをせっせっとつくっているものです。

    副業、アフィリエイト、FXなど、たくさんの【投資】に関する記事、ブログを見てきました。
    しかし、Mr.フリーまんさんほどの親切で数字を示しているブログはありませんでした!!!

    もう今日から勝手に僕のメンターですwww

    ご相談なのですが、上記でもお伝えしたとおり、アドセンス用のブログを作成しております。
    今回、ヤフーショッピングカードのネタを書こうと思っているのですが、書いても大丈夫でしょうか?
    ヤフージャパンはグーグルの傘下とMr.フリーまんさんの記事にもありましたが、不安になりご相談させていただきました。

    また、僕は会社員で毎日ブログが書けていません。
    毎日ではなくても大丈夫でしょうか?

    何卒、御回答宜しくお願い致します!!

    • ざつしさんご連絡ありがとうございます、Mr.フリーマンです。

      『ヤフージャパンがグーグルの傘下】についての回答ですが、正確にお伝えすると『ヤフージャパンはGoogleの検索エンジンを使用している』という意味になります。

      詳細は下記リンクでご紹介していますので御覧ください。
      http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1007/27/news049.html

      誤解を招く表現を使い申し訳ありませんでした(記述につきましては訂正させていただきました)。

      さて、ヤフーショッピングカードネタについてですが、『ヤフーショッピングカード』という名称で検索してもヒットしないので、おそらく『Tポイントカード』のことだと予想して回答させていただきます。

      まず、グーグル的には問題ありません。しかし、Tポイントカードは既にライバルサイトが多いので、かなり内容の濃い記事をたくさん書かないとアクセスを集めるのは難しいでしょう。

      豊富な知識があり、ご自身で頻繁にご利用されていて楽しんで書ける、最初はアクセスが来なくても書き続けることができるのであればOKですが、あまりおすすめはしません。

      できれば毎日最低1記事は書いたほうが良いのですが、仕事が忙しければ1週間に7記事。2週間で12記事という目標を立ててやることも可能です。

      アドセンス審査合格すると良いですね。

      がんばってください!

  • Mr.フリーマンさん、ご返信ありがとうございます!
    飲食店勤務なもので、朝夜時間が逆転しておりご連絡遅くなり申し訳ございません!
     
    的確なアドバイスありがとうございます!
    1週間に7記事、2週間に12記事、目標をきっちりこなすように意識いたします。

    更に追加で質問なのですが、グーグルサイトは
    【毎日ブログを投稿している、定期的に同じ数量のブログを投稿している】
    という被審査者の姿勢を評価する、という認識でよろしいですか?

    これから仕事でまたご連絡が遅くなると思います、ご了承くださいませ。
    ご返答、宜しくお願い致します!

    • ざつしさん、ご質問ありがとうございます。Mr.フリーマンです。

      ご質問の回答ですが、グーグルでは正式なコメントは発表しておりません。しかしながら、全く記事を投稿しないブログより、定期的に投稿している方が間違いなくアクセスは集まります(検索需要がある記事であるということが前提ではありますが)。

      ブログは諦めなければ必ず稼げます。

      お仕事忙しいとは思いますが、アドセンス審査頑張ってください!

  • 間違って送ってしまい申し訳ありません。

    夜分に申し訳ございません。
    ご返信ありがとうございます。

    3,4日あいてしまうことがあったのが気になっておりましたが、解決いたしました。
    ありがとうございます。

    あとまた質問があります。
    Mr.フリーマンさんのブログを見る前にアドセンス合格者のブログを見ていたのですが、そこでは【アクセス数】は関係ないと書いてありました。
    Mr.フリーマンさんはどのようにお考えですか?
    審査前からアクセス数が多いほうがグーグルは良いブログと判断するのでしょうか?

    僕がグーグルだったらそう思いますが・・・。

    どちらにせよ、あきらめず続けます!!

    • ざつしさんMr.フリーマンです。

      ざつしさんの仰る通り、アクセス数が多いほうが審査に通りやすくなっています。
      アドセンスは以前とは違い、今では価値のある記事を求めています。

      アクセス数が多い=需要がある

      需要がある=価値のある記事

      ということになります。

      ブログで成功する上で、ざつしさんのそういった目線や考え方は非常に重要です。
      その感性に更に磨きをかけて、価値のある記事を書いていきましょう!

      • 夜分に申し訳ありません!
        Mr.フリーマンさん、御回答ありがとうございます!

        やはり、そうですよね。
        グーグルから考えたら、アクセス多いブログに広告載せたほうが価値があります。

        違うアドセンス合格のブログでは、

        ・アクセス数はほぼ関係なし。
        ・内容もそこまで深くなくていい、文字数、記事数が大切。
        ・ライターに頼んで書いてもらった(1記事300円)

        など書いてあり、ブログの更新自体もわりかし最近なので参考にしていました。

        しかし、Mr.フリーマンさんのブログに偶然にも出会えてよかったです!!

        これからも参考にさせていただくのでよろしくお願い致します!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です