2017年タイのバンコクで4G LTEの通信スピードをテスト!スマホ実測速度は充分?

 

どうも、Mr.フリーマンです。

 

ネットビジネスで稼いでいていちばん重要なのはインターネット通信のスピードです。

 

どんなにお気に入りの国や場所でも、ページ速度が遅くては仕事になりません。

 

いつもカフェを渡り歩いている僕にとってモバイル環境は欠かせなくなってしまいました。

 

ということで今回は2017年にタイの首都バンコクを訪れた時にLTE(4G)の通信速度の実測を図ってみました。

 

11月に測ったので2018年でもほとんど同じでしょう。

 

日本と同様、タイでも大手キャリアのSIMカード(電話番号)を購入すると、4Gより速いWi-Fiを利用することができてデザリングも可能です。

 

ツーリストSIMは容量の利用制限があるので、頻繁にYoutubeなどの動画を利用する人はこの点を注意してSIMカードを購入すると良いでしょう。

 

今回僕が購入したのは、タイで最大大手キャリアと言われているtrue moveです。

 

通信速度が速く、通信エリアが広いので田舎でも利用できるとタイ人にも人気です。

タイ銀行口座開設必要書類&免許証無しのバンコクバンク!2017年も日本語対応

 

タイのツーリストSIMカード

 

 

今回購入したのはこの4G(LTE)のツーリストSIMカード。

  • 値段:599バーツ(約2000円)
  • 利用期間:15日間
  • 通信量:8G
  • Free  Wi-Fi
  • 50バーツ分の通話とSMS付き

 

今回は旅行期間が長いので15日間のツーリストSIMにしてみました。

 

短期間の旅行であれば8日間で299バーツ(約1000円)のプランでも良いかと思います。

出典:http://truemoveh.truecorp.co.th/international_service/visit_thailand/en

 

通信量は2.5GBまでです。

 

ブログで速報&未来予想系記事を書いて月収34万円達成!

 

実際に測った通信速度

 

今回測った場所は、サイアムと呼ばれるバンコクでも中心街のショッピングモールです。

 

 

いきなり23Mbpsという速度でビックリしました。

 

Youtube動画をクオリティーの高い720pにしても全く途切れることはありませんでした。

 

かなり混雑しているショッピングモールなのに充分の速度。

 

東京ではIIJemioという格安SIMを利用しているのですが、断然タイのTrue Moveの方が速いです。

 

場所を変えてBTSサイアム駅のホームで測ってみたら

 

 

 

8.1Mbsと遅くなったけど、Youtubeは途切れませんでした。

 

タイに住んでいた2015年頃より圧倒的に速いスピード。

 

間違いなくタイの通信環境は進化しています。

 

ついでに無料で利用できるWi-Fi速度も測ってみたら

 

 

130Mbpsというありえない速度結果に!

 

場所はサイアムのショッピングモールにある、True Moveのショップなのでこの結果が出ましたが、その他の場所でも安定して20Mbps~30Mbpsを叩き出していました。

スクート航空の感想や評判は?成田-バンコク行き直行便の受託手荷物重量について

 

バンコク以外での通信速度

 

首都バンコクだから通信速度が速いのでは?と思い、じゃあ田舎だったらどうなのかとテスト。

 

場所はバンコクから列車で6時間ほど下った超田舎のビーチ街、プラチュワップキーリーカン。

 

 

 

ビーチ以外は本当になーんにもないところです。

 

 

あまりにもなさすぎて観光客もほとんどいません。

 

なんでこんなところに来ちゃったんだろ(笑)

 

遠くの小高い山に登ると

 

 

絶景に遭遇!

 

しばしの間、素晴らしい景色を堪能し街へ下り速度テスト。

 

これだけ田舎に来ればインターネットスピードも遅くなるだろと思いきや

 

逆に速くなりました(笑)

 

恐るべしTrue Move!

 

タイの通信環境まったく問題なし。

 

ブログで稼ぐだけでなく、ユーチューバーでも問題ないということが分かった1日でした。

タイ ドンムアン空港でATMキャッシングや手数料は?現金引きしに両替所場所も

 

ちょっとだけタイのSIMカードについて

 

タイでSIMカードを買う際に注意しておきたいのはショップの選び方。

 

町中のショップは店員さんによってツーリスト用のプランを知らない人がいるので、空港で購入するのをおすすめします。

 

バンコクだけの利用だったらTrue Move、DTAC、AISの3社どれでも問題なく利用可能です。

 

AISも無料Wi-Fiスポットがあるので便利です。

 

パスポートとSIMフリーのスマホさえあればその場で直ぐに使用することができます。

 

ドンムアン空港のSIMカード売り場については下記リンクをご参照ください。

2017年タイ ドンムアン空港SIMカード料金や電話番号購入方法は?日本語やクレジット支払いも

 

デザリングの注意点

 

スマホとパソコンをWi-Fiで接続して簡単にパソコンでもインターネットを利用できるデザリング。

 

でもいくら通信量の多いプランでもしょっちゅうYoutubeを観ていると通信制限がかかってしまいます。

 

そこで利用したいのが無料のWi-Fiサービス。

 

Ture MoveではTrue Move Hという無料Wi-Fiがショッピングモール内や商業施設などで利用可能で、たまに歩いているときも飛んでいました。

 

でも既にWi-Fi接続しているので、スマホとパソコンをWi-Fiで接続することはできません。

 

解決策としてUSB接続することになります。

 

バンコク中心街であればWi-Fiスポットはたくさんあります。

 

また、4GよりWi-Fiの方がスマホの電力消費も少ないのでガンガン利用しましょう。

 

安宿やホテルのWi-Fiスピードにつきましては下記リンクをご参照ください。

2017年タイのインターネット通信速度は?バンコクホテルのWi-Fiスピードをテストした

Mr.フリーマンってどんな人?プロフィールについて