2017年タイのインターネット通信速度は?バンコクホテルのWi-Fiスピードをテストした

 

どうも、Mr.フリーマンです。

 

2015年末からブログをスタートし、ようやく海外旅行しながらも稼げるようになりました。

 

2017年にはまず韓国旅行へ行き、現在はタイとマレーシアを旅行中です。

 

そして今回の旅で最も驚いたのがタイのインターネット通信環境が劇的に向上していたことでした。

 

2015年までタイの首都バンコクで働いていたのですが、たった2年半の間に充分過ぎる程スピードが速くなっています。

 

『でも発展途上国だし日本と比べたら遅いんじゃ?』

 

いえいえ、4G(LTE)のスマホ通信速度は場所によっては日本よりも速いんです。

 

実際にテストしてみたら爆速でした!

 

スピードテストの詳細につきましては下記リンクをご参照ください。

 

どのSIMカード(電話会社)が一番おすすめかもご紹介しています。

2017年タイのバンコクで4G LTEの通信スピードをテスト!スマホ実測速度は充分?

 

 

5000円以上のホテルのWi-Fi速度について

 

2017年現在、宿泊先のWi-Fiスピードはホテルによってかなり差があるのが実情です。

 

僕の体験談なのですが、日本円で1泊5,000円以上のホテルであればYoutubeも問題なく視聴できるスピードでした。

 

このクラスでYoutubeもまともに視聴できないくらいだったら大外れです。

 

スクート航空の感想や評判は?成田-バンコク行き直行便の受託手荷物重量について

 

2,000円~3,000円クラスのホテル

 

このクラスになると、ホテルによってはYoutubeの画質を落とさないと動画が途切れました。

 

とはいっても、ネットサーフィンするには充分のスピードです。

 

ただ、下りのダウンロード速度は早くても、上りのアップロードは遅かったりします。

 

気をつけなければならないのは、使用しているスマホやパソコン端末自体の受信能力です。

 

中継アンテナが少ないホテルも多いので、受信能力が低いとWi-Fiの電波を受信できなかったりします。

 

日頃から自分が使用している端末の受信能力を調べておくと良いですね。

 

iPhoneはアンテナの受信能力が高いと評判です。

 

タイ銀行口座開設必要書類&免許証無しのバンコクバンク!2017年も日本語対応

 

 

2,000円以下のホテルのWi-Fi速度

 

ホテルによってはWi-Fiサービスがなかったりします。

 

ダウンロードスピードもまちまちで、2Mbps~10Mbpsくらいが普通です。

 

もちろんアップロードになると速度は低下します。

 

とはいっても普通にネットサーフィンするには充分の速度。

 

プリペイドのSIMカード(4G)であればもっと速くなります。

 

 

1,000円以下のホテルのWi-Fi速度

 

最近、タイでは1,000円クラスの安宿はほとんどなくなりましたが、無料のWi-Fiサービスは期待しないほうが良いでしょう。

 

通信も途切れたるすることがあります。

 

無料Wi-Fiはセキュリティーの面でも問題があるので、4G(LTE)のプリペイドSIMカードの購入をおすすめします。

 

料金は1週間で1,000円くらいから。

 

スマホのグーグルマップも利用できるので、道にも迷うことなく旅の時間を有効活用できます。

 

スワンナプーム空港やドンムアン空港で各電話会社がツーリストSIMカードを販売しているので、パスポートとSIMフリーのスマートフォンさえあれば購入可能です。

 

ただ、販売しているブースはほとんどクレジットカードに対応していない場合があるので、現地の通貨タイバーツを用意しておきましょう。

 

ドンムアン空港で購入した時の情報ですが、下記リンクに詳細をまとめてみました。

2017年タイ ドンムアン空港SIMカード料金や電話番号購入方法は?日本語やクレジット支払いも