テレビ番組ネタでブログのアクセス数を増やすコツや稼ぐ裏技方法!集め方は簡単

どうも、海外を旅しながら月収60万円を達成した門脇れんです。

 

僕はほぼ毎日のようにカフェやレストランに入り浸ってブログ記事を投稿し、その収益のみで日々暮らしています。

 

最近僕のメルマガでブログ記事の添削サービスや、無料のスカイプ音声相談を行っているのですが、

 

『あれ、アクセスを集めるためのコツが分かっていないな?』

 

ということや

 

『ブログの作りはしっかりしていて文字数も多いのに、アクセスの伸ばし方が殆ど分かっていないな~』

 

という人が多かったので、どうすればアクセスを集める記事を書けるのかのテクニック

 

特に今回はテレビ番組をネタにしたアクセスの伸ばし方や増やし方についてご紹介したいと思います。

 

テレビネタでアクセスを集めるのに否定的なブログもありますが、ブログはアクセス数が集まれば集まるほど、増えれば増えるほどパワーが上昇し、今までアクセスが来なかった記事までアクセス数が伸びるようになります。

 

まるでゲームの世界で経験値が上がるとレベルが上がるようなものです。

 

かなり長文なのですが、非常に重要なことを話しているので最後まで読んでみてくださいね。

 

そもそもテレビ番組はアクセスが集まらない?

 

テレビネタでアクセスなんて集まらない。

 

そもそも何をネタにして書けば良いのか分からない。

 

こういった方は本当に多いのですが、テレビネタは爆発すればほんの数時間で数万PV(アクセス)を集めることができ、あっという間に数千円を稼ぐことができます。

 

下記の画像は実際にテレビネタで1万アクセスを集めた時の証拠画像です。

 

実際に僕のメルマガでこの1万アクセスを集めた記事のタイトルとブログ自体全ても暴露しているのですが、

 

『テレビじゃアクセスなんて集まらないよ』

 

と思っている人が意外にも多いのが本当にもったいないと感じています。

1万アクセス暴露記事の無料メルマガへはこちらから

 

しかし、アクセスを集めるための基本的な知識を理解していないと、100記事書こうが500記事書こうが一生ブログで稼ぐことはできません。

 

ネット上では

 

『価値のある記事を書けばアクセスが集まるよ』

 

などと言っているブログもあります。

 

確かにそれはその通りなのですが、

 

価値のある記事を書くだけで稼げるのだったら、ブログで稼いでいる人が周りにたくさんいてもおかしくないですよね。

 

ちょっと考えれば分かることなのですが、ネットに散乱しているこのような情報に騙される、とまではいいませんが踊らされている人が多いように見受けます。

 

価値のある記事はもちろんのことですが、アクセスを集める基本を知らないといつまでたっても稼ぐことはできません。

 

関連記事:グーグルアドセンス審査に通るネタやジャンルは?何度も通らない理由や原因も

 

テレビ番組ネタで爆発したのに1円も稼げなかったパターン

 

テレビネタで数万PV(アクセス)集まったのに、少しどころか1円も稼げなかった、という人がいました。

 

はじめは『何かの間違いじゃないか?』と思っていたんですが、

 

よくよく聞いてみると、爆発した記事に広告を貼っていたものの、全くと言ってよいほどクリックされなかったと言うんです。

 

彼女の原因は、スポーツ記事に全く関係のないコスメの広告を貼っていたんですね。

 

このように記事とは関連性のない広告を貼ると、全くと言ってよいほど収益は上がりません。

 

お店の看板は寿司屋なのに、中にはいってみるとメニューにはラーメンしかないようなものです。

 

これではメニューを見た途端に店を出るでしょう。

 

僕は過去、実際にアクセスが集まっている記事に、記事内容とは関係のない広告を貼ってみてどれくらいの収益が上がるか検証をしてみました。

 

下記の画像がその時の検証結果です。

 

クリックで拡大

 

1日のうちに32,234回も広告が表示されているのに、クリック数はたったの24。

 

率にして0.07%です。

 

結果として誰も購入してくれなかったので、1円にもなりませんでした。

 

これはアフィリエイト広告を貼った時の検証結果なのですが、

 

ブログを見ている人と広告の属性が一致しないと購入には至らない

 

そんな結果をまざまざと見せつけられた結果でした。

 

初心者にとって自分で表示される広告を選ぶ手法(アフィリエイト広告)で利益を上げるのは非常に難しいので、僕はアドセンス広告をお勧めしています。

 

アドセンス広告とはグーグルが運営しているクリック型広告の一種です。

 

ブログに広告を貼って、ブログを訪問した人がクリックしただけで収益が上がるシステムです。

 

1クリック20円~30円と収益が少ないように見えますが、自動的に記事の内容に合った広告が表示されるのでクリック率が高いんです。

 

たとえば、化粧品についての記事を書くと化粧品関連の広告が表示され、レストランの記事を書くと食品関係の広告が表示されます。

 

さっきのアフィリエイト広告が0.07%で、且つ、購入しないと利益が上がらないのと比べると断然アドセンスは初心者向きです。

 

アクセスが集まった後はどうすれば購入してもらえるのかまで考える必要がないので、アフィリエイト型の広告より簡単に収益を挙げられるのが特徴です。

 

広告の位置やサイズでクリック率は変わる

 

やたらめったら広告をたくさん設置すれば収益が上がる訳ではありません。

 

例えて言うと、細い通りの商店街にとんでもなく大きな看板をたくさん並べているようなものです。

 

これは実際に僕が香港やある大阪の商店街で経験したことでもあるのですが、看板がウザすぎて見る気にならないんです。

 

それだけならまだしも、看板が大きすぎてお店の真下にいかないと何が書いているのかさえわからない状態でした。

 

人間の心理としては、予期もせぬ時に『あれ?』と目に入る広告を思わずクリックしがちです。

 

チラリズムというやつですね。

 

そのためには、ブログを訪れた訪問者がクリックしたくなるような場所、そしてそれに併せたサイズの広告を設置する必要があります。

 

テレビネタをオススメする理由

 

前述したアドセンス広告を貼る手法だと、ブログに訪問してくれるアクセス数が鍵となります。

 

アクセスが多いほどクリック数が多くなるので、比例して収益も上昇するという単純なシステムです。

 

とはいえ、ブログを始めたばかりの初心者だけでなく、1年以上毎日更新している人でもアクセス数を集めるのは難しいと思う人がほとんどではないでしょうか。

 

自分の書いた記事に1万PV(アクセス)も集まるということは、1万人の方があなたの書いた記事を読んでくれるということ。

 

『そんな記事書けるわけないよ~』

 

と思うでしょう。

 

僕も最初の頃はそう思っていました。

 

でも、基本的な知識を学び、感性を高めることにより最初は100PV(アクセス)でさえ難しかったのが、

 

500PV(アクセス)

 

1,000PV(アクセス)

 

10,000PV(アクセス)

 

そして更に上を行くアクセス数を集めることができるようになるのです。

 

その手っ取り早い方法がテレビを使ったトレンド情報ネタです。

 

トレンドネタとは、いま巷で流行っているネタということですよね。

 

その中でもテレビは一度に数百万人の人が同時に同じ情報を共有している究極のトレンドネタ。

 

例えば、芸能人の不倫や、政治家の汚職。

 

野球やサッカーなどのスポーツの試合にオリンピック。

 

ドラマにグルメなど、テレビで放送される情報がアクセスを集めるお宝ネタに変わるのです。

 

といっても何でも記事にすれば良いというわけではありません。

 

テレビで放送されている情報からアクセスが集まるネタをピックアップすることが重要です。

 

テレビネタで成功するタイプと失敗するタイプ

 

テレビネタは感性を磨けば磨くほど、1記事で数万PV(アクセス)を数時間で叩き出すことができます。

 

どんなことでも向き不向きがあるように、テレビ向きの人とそうでない人がいることも事実です。

 

でも、テレビ向きでなかった人をテレビでアクセスを集めることができるように変えることも可能です。

 

今まで一度もテレビを観たことがない人は別ですが(笑)。

 

テレビネタに向く性格

 

  1. 飽きっぽい
  2. 自分が周りにどう思われているのか気になる
  3. 八方美人
  4. 明るい性格
  5. おしゃべり
  6. 流行りのものが好き
  7. 株やFXは短期トレード
  8. 恋愛が長く続かない

 

飽きっぽいというのは逆をいえば新しいものをいち早く捉える性格です。

 

これはトレンドを発信しているテレビと物凄く相性のよいタイプ。

 

明るくおしゃべりであれば、それだけで友人などと情報交換もしていることになるので、自然と流行に敏感な脳が築かれていくんですね。

 

『昨日のあのドラマ観た?』

『あのドラマで◯◯が着ていた衣装かわいいよね~』

 

などと他愛も無い会話のように思えますが、友人が言ったこの言葉で衣装がアクセスを集めるキーワードになるんです。

 

テレビネタに向かないタイプ

 

  1. テレビを面白くないと思っている
  2. おっとりした性格
  3. 鈍感(空気を読めない)
  4. ひねくれ者
  5. 頑固者
  6. 家やマンションに投資している
  7. 趣味が少ない人

 

もうお分かりだと思いますが、テレビネタに向くタイプの真逆が向かないタイプです。

 

特にテレビなんて面白くない!と思っている人はそもそも向きません。

 

がしかし、

 

何を隠そう僕もその一人でした。

 

しかも超が付くほどのテレビ嫌い。

 

どのチャンネルをつけても朝のワイドショーは同じ情報ばかり。

 

当たりもしない星座占いを毎日毎日見るアホがいるのか?

 

ドラマもイケメンや美女ばかり集め、高校生が喜ぶような恋愛ものや、レベルの低い脚本ばかり。

 

しかもブログを始める直前まで海外で働いていたので、人気の芸能人や流行っている番組など全く知りませんでした。

 

でも、

 

なぜ面白くもない朝のバラエティー番組は続いているのだろう?

 

なぜこんな可愛くもないアイドルが人気なんだろう?

 

なぜこんなに歌がヘタな歌手なのに売れているのだろう?

 

そう思った時に気がついたんです。

 

自分の考え方は物凄く偏った主観的な考え方だったということを。

 

例え僕が可愛くないと思っても、可愛いと思う人はいるんです。

 

歌がヘタだと思っても、上手いと思う人はいるんです。

 

つまり僕は周りの人の考えを否定する頑固なひねくれ者だったんですね。

 

そう思った日から、僕が興味のない芸能人やテレビ番組を意識的に観るようにし、なぜ他の人は面白いと思うのか、なぜ魅力的に映るのかを常に考えテレビを観るようにしました。

 

結果、アドセンスで月収60万円を達成することができたんです。

 

ブログをお金に変えるということは、情報をお金に変えると言うことです。

 

ブログで稼ぐということは、あなたにとって価値がある情報もそうですが、あなた意外の人にとっても価値あるものを提供していくことなのです。

 

ブログを始めたばかりの頃はこの事が全く分からず、主観的な考え方で記事を書いていたのでアクセスはさっぱりでした。

 

でも一度アクセスが集まるようになると、まるで中毒のように記事を投稿するのが楽しくてたまらなくなります。

 

今現在、『テレビはつまらない』と思っている人は、一度『なぜ他人には魅力的に感じるのか』という視点で考えてみてください。

 

たとえ興味がなくても、お金を稼ぐためだと割り切って考え、テレビを見始める事が重要です。

 

では一体どうすればアクセスが集まる記事をかけるようになるのか。

 

次ではそのことをまとめてみました。

 

これだけはやってはいけないNGパターンその1

 

ブログの記事添削や音声相談で1番多いのが、時制を全く気にしていない人が多いということです。

 

これはテレビだけでなく、ブログでアクセスを集めるための基本中の基本でもあり、コンサルをしている方でもこの点を生徒に教えない人が多いようです。

 

時制というのは、現在・過去・未来のことです。

 

例えばNHKの紅白歌合戦が終了するという情報が流れたとしましょう。

 

さすがに紅白が終了するなんてないとは思うのですが、あくまでも例えです。

 

この時、紅白が終了するという情報を聞いた人は

 

『どうして終了するのだろう?』

 

と理由を知りたくなります。

 

そこで

 

紅白 終了 理由

 

といったキーワードを使いグーグルで理由を検索することが想像できます。

 

あなたはそのことを予想し

 

『紅白終了の理由とは?』

 

といったタイトルで記事を書くことになるのですが、終了の一報が流れてかなり日にちが過ぎてからこのようなキーワードで書いてもアクセスは来ません。

 

既に他のサイトが書きまくっているのでもう遅いのです。

 

アクセスを集めるには必ずいつ発信された情報なのか調べるのは鉄則です。

 

これだけはやってはいけないNGパターンその2

 

アクセスが集まらない人は、必ずといってよいほど既に記事にされているかどうかリサーチしていません。

 

『やったー!新しい情報を手にしたぞ!』

 

とそこまでは良いのですが、

 

ヤフーなりグーグルで

 

紅白 終了 理由

 

というように実際に自分でキーワード検索してライバル記事があるかどうかリサーチしていないんですね。

 

極端な例ですが、ラーメン屋をオープンするのに全くリサーチしないで激戦区にお店を開くようなものです。

 

これだけはやってはいけないNGパターンその3

 

紅白 終了 理由

 

このキーワードでライバル検索したらライバルサイトはまだなかった!

 

ということで記事にしたけどアクセスはさっぱり。

 

そんな人は、既に終了の理由は報じられているのに書いているんですね。

 

理由が分かっていることを記事にしてもアクセスは集まりません。

 

当たり前のことといえば当たり前なのですが、記事の添削をしているとこういうパターンが多いんです。

 

前述した『時制を気にする』ということに通ずることなのですが、既に過去に出回っている情報を記事にしてもアクセスはほとんどきません。

 

既に書かれている記事でアクセスを集めることもできるのですが、話が長くなるので次の機会にしたいと思います。

 

また、現在僕のメルマガでもブログで稼ぐ方法や、1万アクセスを集めた記事を暴露しているので宜しければ下記リンクから参考にしてみてください。

1万アクセス暴露記事の無料メルマガへはこちらから