ワードプレス表示速度が遅い重い時のスピードアップ解決プラグイン

どうも、Mr.フリーマンです。

 

アドセンスやアフィリエイトブログで最も使用率が高いのはワードプレス(WordPress)だといわれています。

 

無料で多種多様なプラグインが利用できるので拡張性が高く利便性も良いと評判ですが、唯一の弱点はページ表示のスピードが遅いこと。

 

アドセンス広告なり、アフィリエイト広告なり、ブログで生計を立てている人にとってこれは致命傷です。

 

実際にKinstaという会社が調査した結果によると、スマートフォンなどの端末を使ったモバイル サイトの読み込み時間が5 秒を超えると利用をやめるユーザーが平均 74% に上るという結果が出ています

 

しかしモバイル ページの読み込み時間はまだまだ遅く、平均 6秒~10 秒もかかっているそうです(2016年時点)。

 

アドセンスが推奨するモバイルサイトの理想的な時間は1秒。

 

モバイル環境の場合、もともと提供されている通信速度側(4Gなど)の問題もありますが、現実はまだまだ理想とは程遠いようです。

関連記事:アドセンスページ単位のポリシー違反とは?審査リクエストが通らない時の解決方法

 

ページ速度が遅いと検索順位にも影響する

 

ページ表示速度が遅いのは、なにも検索者側だけに影響をあたえるのではありません。

 

クローラーと呼ばれているロボットにも大きな影響を与えています。

 

クローラーとは常にネット上を巡回し、新しく投稿されたり編集されたページから情報を集めているシステムのこと。

 

でも、表示速度が遅いページだとすぐに巡回してくれない場合があるんです。

 

結果、検索した時の順位結果にもマイナスの影響を与えてしまうということになるんです。

 

アドセンスが推奨するスピードアップ対策法

 

ではページ表示速度をスピードアップするためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

これについてはアドセンスがその答えを教えてくれています。

 

  1. 表示をブロックしているリソースページを表示する前に読み込みが必要な外部の JavaScript や CSS が多すぎないようにします。ユーザーのクエリに対応する必要最小限の要素だけを読み込み、すべての要素をできるだけ非同期に読み込みます。
  2. ブラウザ キャッシュページに欠かせないリソースは、できるだけ長く端末に保存しておきます。
  3. 画像の最適化 – スマートフォンには、パソコンでの表示を前提としたサイズの大きな画像は表示しないようにします。また、CMS の画像圧縮機能を使って、データ量を最大 90% 節約します。
  4. JavaScript の最小化 – 余分なものは削除します。プルダウン メニューや画像ギャラリー、共有ボタンなどのシンプルな機能だけが必要な場合は、ページのロジックをわかりにくい複雑なものからシンプルなものに変更することを検討します。

引用:https://adsense-ja.googleblog.com/

 

なんだかわけの分からない初めて聞く言葉ばかり出てきてますが、殆どはワードプレスのプラグインで解決することが出来るようになっています。

 

画像を圧縮してくれるプラグインWP Smush

 

記事を投稿するたびに1枚1枚画像を手作業で圧縮するのは面倒くさいし時間がかかります。

 

しかしアップロードする毎に自動的に圧縮してくれるのがWP Smushというプラグイン。

 

そしてもちろん今までにアップロードした画像写真の圧縮とリサイズまでしてくれます。

 

EWWW Image Optimizerという圧縮してくれるプラグインもありますが、残念ながらリサイズ機能はありません。

 

ただしこのWP Smush、フリー版は1日50枚までしか圧縮できないという制限があります。

 

EWWW Image Optimizerにはその制限がないので、私はEWWW Image Optimizerで一気全ての画像を圧縮し、そのあとWP Smushに変更しました。

関連記事:アフィリエイト&アドセンスで成功するWordPressプラグイン23選!

 

AutoptimizeでCSSやJavaScriptを最適化

 

AutoptimizeというプラグインはCSS、JavaScript、HTMLを最適化してくれるプラグインです。

 

設定や操作方法も至って簡単なので利用しましょう。

 

プラグインのインストールや設定方法につきましては下記リンクをご参照ください。

Autoptimize2017の使い方や設定方法!JAVAやCSS圧縮でワードプレスを高速化!

 

注意点について

 

この2つのプラグインを使用すると、まれにインストール済みのプラグインが使用できなくなったり、ページに不具合が出る可能性があります。

 

使用する際には必ずバックアップを取ってから使用してください。

 

バックアップの方法につきましては下記リンクへ。

WordPress自動バックアッププラグインBackWPUpは復元方法も簡単

 

収益にも影響してくるのでページ速度は必ず高速化対策をしておきましょう。

 

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

 

宜しければあなたのご意見やご感想をお聞かせください。