ワードプレスのURL名を好きなアドレスに変更する方法や手順は?初心者必見!

 

どうも、Mr.フリーマンです。

 

ワードプレスでアドセンスブログを運営していると気になるのはアクセス数アップに繋がるURLですよね。

 

パーマリンクと呼ばれるアドレスの部分(URL)を自由に変更できればSEO対策にもなるのでここは見逃せない重要な部分でもあります。

 

今回はそんなURLの変更方法についてご紹介していきたいと思います。

おすすめプラグイン:ワードプレスでアクセス数やアドセンスのクリック率上げるプラグインとは?

 

パーマリンクとは

 

突然ですがパーマリンクって知ってますか?

 

英語では『Permalink』や『Permanent link』とも呼ばれ、日本語に翻訳すると『永遠のリンク』という意味になります。

 

ブログやホームページなど、記事ごとの個別ページに設定されたURLのことで、下記画像でいうとesarimo.com以下の赤枠部分がパーマリンクになります。

permalink

そしてこのパーマリンクは簡単に好きな文字へ変更可能でもあるんです。

おすすめプラグイン:ワードプレスブログのコピペを防止するおすすめプラグインは?

 

 理想的なパーマリンク

 

理想的なパーマリンクとは以下のとおり。

 

  • 意味のある文字
  • シンプルで短い文字

 

この記事のページで例えるなら以下の様になります。

 

良い例:esarimo.com/wordpress-permalink

悪い例:esarimo.com/?tlq=342/

 

良い例をみると『wordpress-permalink』という意味のある単語を使用していますが、悪い例の『?tlq=342』はただの記号の羅列で全く意味不明です。

 

すごく単純なようですが、これには深い重要な意味が隠されているんです。

おすすめプラグイン:ワードプレスでアンケートボタンを作成するプラグインWP-Pollsとは?

 

メリットとデメリット

 

パーマリンクは数字や記号に漢字など、好きな文字を使用することができますが、どんな文字でも良い訳ではありません。

 

メリット

なんといってもグーグルのクローラーが情報を収集しやすくなるのでSEO(アクセスアップ)に良い影響を与えます。

 

因みにクローラーとはサイト内に記載された文章や画像情報を収集してデータベース化するプログラム。

 

記事をアップした後、いち早くこのクローラーに収集してもらうことで検索結果の上位に食い込見やすくなるんです。

 

デメリット

下記のように分類したカテゴリーを変更した場合、当然の事ながらURLが変わってしまいますので変更前のURLは存在しない事になります。

変更前:esarimo.com/wordpress/permalink

変更後:esarimo.com/internet/permalink

 

新たにクローラーが回ってきてデータを収集(インデックス)されるまではアクセス数が減少してしまう事になります。

 

初期にパーマリンクを設定する際はよく考えて設定しましょう。

 

日本語のパーマリンクはオススメ?

 

では下記のようにパーマリンクに日本語を使用した場合はどうなのでしょう。

 

『esarimo.com/ワードプレス/permalink』

 

ぱっと見にはどんな記事が書かれているのか一目で分かるのですが、SEO的には良くありません。

 

というのも、日本語のURLを実際にTwitterに投稿したり、メールに貼り付けて送信すると、下記のような意味不明な長い文字の羅列になるんです。

 

esarimo.com/%81%93%E3%82%93%%22%E3%/81%93%E3%8281%93%E3%82以下省略

 

これではなかなかクリックしてもらえませんし、意味不明な文字になるのでよくありません。

 

パーマリンクを設定する場合はメリットとデメリットのどちらが良いか考慮して設定しましょう。

おすすめプラグイン:Adsense ManagerとQuick Adsenseの違いは?おすすめはどっちのプラグイン?

 

パーマリンクの設定方法

 

ワードプレスでの設定は簡単ですので早速変更してみましょう。

 

『設定』 ⇒ 『パーマリンク設定』をクリック
permalink2

 

 

permalink3

クリックで拡大

基本:Wordpressで初期設定されているパーマリンクで固有のIDが割り当てられます

日付と投稿名:投稿した日付とタイトル名が割り当てられます

月と投稿名:投稿した月とタイトル名が割り当てられます

数字ベース:『archives/数字』のIDが割り当てられます

投稿名:投稿したタイトル名が割り当てられます

カスタム構造:すきなパーマリンクに設定ができます

 

ここで一番のオススメは自分で好きなパーマリンクを設定できる『カスタム構造』

 

下記にカスタム構造で使用できる構造の一例を記載しました。

 

%postname% ⇒ 投稿名を反映

%post_id% ⇒ 投稿の固有IDを自動反映(例えば123など)

%category% ⇒ 投稿のカテゴリーを反映

%author% ⇒ 投稿の作成者の名前を反映

そしてこれらは下記のように組み合わせることもできます。

/%category%/%postname%:カテゴリーと投稿名を反映

 

パーマリンクを記事ごとに変更する方法

 

①作成中の記事内にある『編集』をクリック

permalink4

クリックで拡大

 

 

②好きな文字に変更し、OKをクリック

permalink5

クリックで拡大

 

以上で変更は完了です。

 

最後に

パーマリンクを上手く変更するとクローラーがデータを収集しやすくなりますが、とてつもなくアクセス数が上がるということではありません。

アクセス数を上げる近道は、需要のあるタイトルと価値のある文章を書くことが一番になります。

その他の必須やお勧めプラグインは下記をご参照ください。