ワードプレスブログのコピペを防止するおすすめプラグインは?

どうも、Mr.フリーマンです。

 

アフィリエイトブログを運営していて投稿した記事をソックリそのまま誰かに使われたという事を経験した事はありませんか?

 

最近ではそういった違法行為をするアフィリエイターはかなり少なくなっているようですが、未だにコピペ(コピー&ペースト)をしてタイトルから本文記事全てまでを

ソックリそのまま記載している輩がいます。

 

今回はそんなコピペを出来ないように防止するワードプレスのプラグイン

 

TG Copy Protectionをご紹介したいと思います。

 

このプラグインを使用するとマウスでの右クリックコピーだけでなくキーボードを使用したコピーも使用できなくなります。

おすすめプラグイン:Adsense ManagerとQuick Adsenseの違いは?おすすめはどっち?

 

TG Copy Protectionインストール手順

 

①『プラグイン』 ⇒ 『新規追加』をクリック
plugin shinki tsuika

 

 

②プラグインの検索ボックスにTG Copy Protectionと入力してエンターを押す
plugin kensaku

 

 

③『今すぐインストール』をクリック

クリックで拡大

 

④『プラグインを有効化』をクリック
plugin activation

 

以上でインストールは完了です。

 

プラグインを有効化さえすれば特に設定する必要はなく、既にコピペが出来なくなっています。

おすすめプラグイン:ワードプレスでアクセス数やアドセンスのクリック率上げるプラグインとは?

 

コピペ防止機能が動作しない場合の対処方法

 

プラグインを有効化しているのになぜかコピペ防止機能が動作しない。

 

そんな場合は下記設定項目をチェックしてください。

 

①『設定』 ⇒ 『TG Copy Protection』をクリック
wpcopy2

 

 

②『Main settings』をクリックし、下記3つの項目全てが『Enabled』になっていることを確認してください。

wpcopy3

Posts protection by JavaScript

Homepage protection by JavaScript

Static page’s protection

 

この3項目すべてをEnabledに変更し、Save Settingをクリックしてください。

 

もしこれでも防止機能が働かない場合は、Wordpressかプラグインのバージョンの問題が考えられます。

 

WP Content Copy Protection & No Right Clickだけでなく、他のプラグインをお試しください。

 

その他には『TG Copy Protection』や『WP Content Copy Protection』といったプラグインがあります。

おすすめプラグイン:ワードプレスお問い合わせフォームの導入作成方法や設置できるプラグイン

 

右クリックを有効にする設定方法

 

コピーはさせないけど、下記画像のように右クリック操作のみ有効にすることが出来ます。

wpcopy5
  • 新しいタブで開く
  • 新しいウインドウで開く
  • シークレットウインドウで開く
  • 名前をつけてリンク先を保存
  • リンクアドレスのコピー

 

 

wpcopy4
  • 戻る
  • 進む
  • 再読み込み
  • 名前をつけて保存
  • 印刷

※上記の右クリック操作はChromeというブラウザ上で右クリックした場合の一例です。他のブラウザを使用した場合は、そのブラウザの機能に依存します。

 

右クリックで新しいページを開いている人は結構多いので有効にしておくと再訪問してくれる確率も高くなります。

 

 

①『設定』 ⇒ 『TG Copy Protection』をクリック
wpcopy2

 

 

②『Premium RightClick Protection』をクリック
wpcopy6

『Posts』と『HomePage』のチェックを外して『Save Settings』をクリックしてください。

 

Posts ⇒ 投稿した記事ページ

HomePage ⇒ ブログサイトのトップページ

 

以上で右クリックが出来るようになります。

おすすめプラグイン:アフィリエイトで成功するために必要なWordPressのプラグイン23選!