ヤフーメールが届かない受信できない時の解決方法は?エラーメッセージの意味も

どうも、海外を旅しながら月収60万円を稼いだ男、Mr.フリーマンです。

 

ヤフーメールって本当に障害が多いですよね。

 

私が以前、ITのサポートデスク業務をしていた時の話なんですが、まれに顧客が送信したメールが届かないという現象が起きていました。

 

しかもそれは必ずと言っていいほどヤフーメールから送信されたものが多く、メールを送信した顧客はまさか自分のメールが届いていないとは夢にも思っていないので

 

『待てど暮らせど連絡が来ない!』

 

と激怒しながらの電話。

 

こっちとしてはメールは届いていないのでそんなこと言われても困るのですが、届かないものは届かないのでどうしようもありません。

 

実際に電話で話している状態のまま再度送信してもらってもダメ。

 

でもGmailであれば届くというパターンがあったので『お手数で申し訳ございませんが~』と謝りながら、Gmailのアカウントを取得していただいて送信するようお願いしていましたこともありました。

 

メールが送信できない理由は様々ありますが、ここではいくつかの例と解決策をご紹介します。

 

そしてこのページの最後では、僕が1日1万アクセス、価値にして1日3000円を稼いだブログ記事の公開についてのお知らせがありますのでお楽しみに!

ブログで速報&未来予想系記事を書いて月収34万円達成!

 

動画で解決方法を観る

 

このページには解決策の詳細についてご紹介していますが、長文を読むのが苦手な方のために動画をご用意しましたが、詳細につきましては先の文章をご参考ください。

 

 

関連記事:複数のヤフーメールやGmailを同時に送受信接続出来る無料ソフト!(Windows10)

 

自分で自分にメールを送ってみる

 

取りあえず自分で自分のヤフーメールアドレスにメールを送ってみましょう。

 

その際、ヤフーメールとその他のメールアドレスで送ってみてください。

 

一方は受信したのに、もう一方は受信できなかったら送信元のメールアドレスの問題かもしれません。

 

受信側が迷惑メール防止機能を使っている

 

メール送信後、直ぐにエラーメールで返ってくる場合、受信側の迷惑メール防止機能によってブロックされている事があります。

 

受信したエラーメールに下記のURLが記載されていればそのパターンです。

http://www.spamcop.net/bl.shtml
http://postmaster.comcast.net/smtp-error-codes.php
http://bbl.barracudacentral.com/
http://www.spamhaus.org/

 

数時間待って再送信するか、ウェブ版のヤフーメールから送信してみてください。

 

docomo、au、ソフトバンクなどは独自の迷惑メール防止機能があり、設定をした本人すら忘れていることがあります。

 

しかも解除方法が分からない人も多く、こっちから『解除してください』なんて言えないし。。。

 

相手によっては悩みどころです。

 

関連記事:Gmailやヤフーメールの速度が遅い開かないなどアクセスできない時の解決方法

 

エラーメッセージで分かる解決方法

 

送信に失敗すると、エラメッセージを受信します。

 

その本文に書かれてある英語のエラーコードから原因を特定できます。

 

554 delivery error: dd This user doesn’t have a yahoo.co.jpaccount(◯◯◯◯◯◯@◯◯◯◯.◯◯)

これは送信先のメールアドレスが存在ないという意味です。

再度送信先のメールアドレスが間違っていないか確認してください。

 

 

554 delivery error: dd Sorry, your message to (◯◯◯◯◯◯@◯◯◯◯.◯◯)cannot be delivered. This account is over quota.

送信先のメールボックスが一杯になって受信できない状態です。

メール以外で相手にその旨を伝えてください。

 

 

yahoo.co.jp: 554 delivery error: dd Sorry your message to (◯◯◯◯◯◯@◯◯◯◯.◯◯) cannot be delivered. This account has been disabled or discontinued.

送信先のメールアドレスが何らかの理由により利用できなくなっている状態です。

メール以外で相手にその旨を伝えてください。

 

 

その他いくつかのエラーコードが存在しますが、ほとんどの原因はメールアドレスを間違って送信しているパターンです。

 

今一度メールアドレスを確認してみましょう。

 

ゼロ(0)とアルファベットのオー(O)などはあるあるパターンです。

ヤフーメールアカウント取得手順と指定フォルダへの自動振り分け方法

 

送信するメールサイズが大きすぎる

 

ヤフーメールは最大25MBまでしか送信できません。

 

画像や動画そして本文をあわせたサイズです。

 

 

相手の迷惑メールボックスに入っている

 

これもありがちなパターンですね。

 

送受信は成功しているのに、受信側の迷惑メールボックスに入ってしまって気がつかないパターンです。

 

相手に確認してみましょう。

 

 

自動転送モードになっている

 

相手がヤフーメールの場合、他のメールアドレスに自動転送していると受信したメールは削除されてしまいます。

 

ヤフーメールでない場合でも、そういった機能があるかもしれません。

 

これも相手に確認してください。

 

 

メールをフォルダに自動振り分けしている

 

 

受信したメールを自動的にフォルダに入るよう、振り分け設定していて気づかない場合があります。

 

フォルダを個人名で作成していればすぐにわかりますが、『◯◯◯会社』などとグループ分けしているとなかなか気づいてくれません。

 

これも相手に尋ねるしかないですね。

関連記事:ヤフーメールアカウント取得手順と指定フォルダへの自動振り分け方法

 

パスワードを変更して届かないパターン

 

これは受信相手がウェブ版とスマホのメールアプリのを同じアカウントで使用している場合です。

 

ウェブ版でパスワードを変更した後、アプリ側のパスワードを変更していないのでスマホでは受信されないというパターン。

 

かならずアプリ側のパスワードも変更するようにしましょう。

 

障害が発生しているパターン

 

ヤフーのメールサーバーがダウンして一時的に送受信できないパターンです。

 

障害の原因は様々ですが、ウェブからは送信できないのにスマホのアプリからだと送信できるパターンがあります。

 

それでも送信できないならひたすら復旧するのを待つしかありません。

 

ヤフーのメールアドレス自体の原因

 

最近は少なくなりましたが、ヤフーのメールアドレスに問題があるパターンです。

 

例:abcdefg@yahoo.co.jp

例えばこのメールアドレスのであれば最後は

.jp

で終わっています。

 

この.jpで終わっているメールアドレスで法人のメールアドレスに送信すると、まれに弾かれてしまうことがあるんです。

 

その理由は日本で無料のメールサービスが爆発的に普及し始めた頃にまで遡ります。

 

当時はもちろんスマホなどなくドコモなどのガラケーが主流でした。

 

ネットビジネスに参入し始めた企業のうち怪しい手法で顧客獲得を狙う企業たちは

 

.jpで終わる無料メールアドレスを使用し

 

毎日携帯電話のメールに商品販売やいかがわしいポルノサイトへ勧誘するメールを何通も送りつけていたのです。

 

現在であれば受信拒否設定すればいいじゃん、と思いますが当時はそれすら出来ない人がほとんどだったし、受信しただけで1通数円ほどの受信料までがかかっていたから大問題。

 

私の友人なんかは1日100通以上迷惑メールが来ていました。

 

顧客からクレームを受けた携帯電会社は対応策に四苦八苦。

 

結局.JPで終わるメールアドレスは受信できないよう携帯電話会社が設定。

 

そして当時、一番利用率が高かったヤフーメールがやり玉にあげられ、ヤフーメール自体を受信できないよう設定する法人企業まで現れたんです。

関連記事:Gmailの連絡先が消えたり間違って消してしまった時の復元方法

 

Gmailの利用をすすめる理由

 

日本ではヤフーメールが人気のようですがやっぱりフリーメールは

 

Gmailが一番おすすめです!

 

Gmailがおすすめな理由

①メールサーバーの障害が少なく安定している
②電話番号や住所などの連絡先が登録できる
③グーグルカレンダーで仕事や日常の予定を管理できる
④無料のオンラインストレージ(15GB)のサービス
⑤iPhoneやアンドロイドスマホと連携して利用できる(メール・連絡先・カレンダー・オンラインストレージなど)
⑥『.com』でメールアドレスが終わるので『.JP』問題で届かないことはない。
⑦Goolgeという大企業の信頼性(消えていったフリーメール会社は数知れず)
⑧一つのメールアドレスなのに、複数のメールアドレスのように使用できる
⑨迷惑メールの振り分けレベルが高い
⑩使いやすいデザイン

 

まだまだ数えきれないほどの便利な機能がありますが、ちょっと考えただけでもこれだけのオススメ理由があるんです。

 

私なんかはGoogle Adsenseというアフィリエイト手法のネットビジネスをやっているので、Gmailを使いながら収入まで得ているほどです。

 

もしいま使用中のメールアドレスが不便だったり、『好きなことをブログに書いて稼ぎたいなぁ~』と思っているのであれば、今直ぐGmailに乗り換えるのをお勧めします。

 

2、3万円であれば直ぐに稼ぐことが出来ます。

 

『でもどんなことを書いたら良いのかわからないよ~』という方もいるかと思います。

 

僕も最初そうでした。

 

そこで今現在、僕が1記事で1日1万アクセス(PV)を集めたページを公開しています。

こちらがその時の証拠画像です。

このページを公開するということは、1万アクセスを集めたページのみならず、ブログ自体の全てを公開するということになります。

 

アドセンスでは1日3000円もの収益に値する価値です。

 

それ故、なんども止めようかと思ったのですが、今回は思い切って公開することに決めました。

 

ただ、あまり多くの人に教えることはリスクなので、突然この特典を削除する可能性もあるので、少しでも興味がありましたら、ぜひこちらからご確認ください。

1日1万アクセスブログ公開へ

あなたとメルマガでお会い出来ることを楽しみにしています!

 

Gmailアドレスの新規取得方法

 

 

Gmail へアクセス

 

②『アカウントを作成』をクリック
01アカウントを作成

 

 

③必須項目を入力
02アカウントを作成

携帯電話番号と現在のメールアドレスは必須項目ではないので入力しなくてもOK。

 

 

ロボットによる登録でないことを証明するため、写真画像の数字をボックスに入力。03アカウントを作成

『Googleの利用規約とプライバシーポリシーに同意します』に☑を入れ『次のステップ』をクリック

 

 

Gmailのアカウントが作成されると下記のような画像が表示されます。

04アカウントを作成

クリックで拡大