2018年Youtubeルール変更で収益化があった既存チャンネルはどうなる?再申請手続き方法は?

どうも、海外を旅しながら月収60万を達成した門脇れんです。

 

2018年2月20日よりYoutubeのアドセンス規約が大幅に変更されることが発表され、Youtuberに大きな衝撃が走っています。

 

2018年1月16日に発表された情報によると、現在Youtubeアドセンスで稼いでいる人でも一定の条件を満たしていない場合は収益ができなくなるそうです。

 

つまり、アドセンス広告が表示されなくなるということ。

 

突然収益化できなくなったチャンネルの再申請はできるのか?

 

もしできる場合、再申請の手続きの仕方について調べて見ました。

 

新ルールの条件とは

 

■過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間以上であること

■チャンネル登録者数が 1,000 人以上であること

 

関連記事:2018年Youtube動画作り方とアップロード方法!タイトルや説明文の書き方について

 

既に収益化出来ているチャンネルはどうなる?

 

既に収益化出来ているチャンネルでも、上記条件を満たしていない人は広告が表示されないようになります。

 

2月 20 日にはこの条件が YouTube の既存のチャンネルにも適用され、それまでの 30 日間は猶予期間となります。

 

どうすれば既存チャンネルを再収益化できるのか?

 

■過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間以上であること

■チャンネル登録者数が 1,000 人以上であること

 

この条件を必ず満たす必要があります。

 

満たされたら自動的に再審査され、厳しい審査基準を基に収益化ができるようになります。

関連記事:YouTubeスマホ画面上にチャンネル登録を表示する方法(モバイル&PC)

 

厳しい審査基準とは?

 

Youtubeでは厳しい基準で今後審査していく方針を打ち出していますが、なにも今に始まったことではありません。

 

以前からYoutubeではトラブルを回避するためのルール(ガイドライン)を発表しており、下記のような動画は公開できないような基準を設けていました。

 

  • ヌードや性的なコンテンツ
  • 有害で危険なコンテンツ
  • 不快なコンテンツ
  • 暴力的で生々しいコンテンツ
  • 嫌がらせやネットいじめ
  • スパム、誤解を招くメタデータ、詐欺
  • 脅迫
  • 著作権センター
  • プライバシー
  • なりすまし
  • 児童を危険にさらす行為
  • その他のポリシー

 

関連記事:Youtube倍速再生や速度アップ設定変更方法!iPhone&androidスマホにPCもスロー再生可能

 

なぜ2018年2月からルール変更されたのか

 

Youtubeでは以前から違法に多チャンネルのサイトをコピーしたり、ポリシーに準拠していないチャンネルに対し頭を悩ましていました。

 

2017年4月には総再生ビューが1万回に満たないチャンネルは収益化出来ないようルール変更。

 

そして2018年2月、遂にチャンネル登録者数が 1,000 人以上というかなり厳しいルール改正になったのです。

 

今回の措置の背景には、特にオリジナルのクリエイター(チャンネル)、

 

彼らの保護を重要視し、ルールを守らない悪質なYoutuberを排除することにあります。

 

真面目にオリジナルの動画をアップしているのにパクられては収益に結びつかず、やる気もでなくなりますからね。

 

Youtubeとしてはそういったクリエイターに価値ある動画を提供して欲しいので、年々ルール違反のチャンネルを排除する厳しいルールを新たに作っているのです。

 

条件を満たせないYoutuberはいきなりチャンネル凍結や削除ということではありませんが、お金が入らないことにより一気に消えていくことでしょう。

 

関連記事:Youtubeが途切れる&止まる原因は?画質が悪くてカクカクな場合(iphone&Android)

 

消えていくチャンネルの実態とは?

 

Youtubeの発表によると、今回のルール変更で影響するチャンネルの99%は2017年の収益が100ドル以下。

 

つまり殆ど利益がでていないチャンネルなんですね。

 

とはいえ、上記条件をクリアし生き残ったチャンネルでも、今後ポリシーに準拠していない違法チャンネルは次々と消えていくでしょう。

 

現在テレビやラジオをそのままアップしたパクリチャンネルに影響はないものの、近い将来淘汰される方針であることには間違いありません。

現在はオリジナルのクリエイターが著作権の侵害を申し立てなければいけませんが、そのあたりの線引がゆるくなるかも?しれません。

 

もしパクりまくっているチャンネルを運営しているのであれば、新しく稼げるルールに準拠したチャンネルを今から作っておくことをおすすめします。

 

Youtubeはもう稼げないのか?

 

答えはNO。

 

上記で説明したように、ポリシー準拠していない違法チャンネルはこれからは淘汰されていきます。

 

特に多チャンネルをソックリそのままパクったチャンネル。

 

テレビやラジオを違法にアップロードしたチャンネルなどなど。

 

そういったチャンネルが消えていくということは、新たなビジネスチャンスです。

 

真摯に自分なりのオリジナルコンテンツをコツコツと作成し続ければ収益化できるようになります。

 

あなたもこのチャンスにYoutuberになりましょう!

 

でももし、Youtubeではもう稼げないと思った方はアドセンスブログでも稼げます。

 

アドセンスブログとはその名の通り、ブログ記事にアドセンス広告を貼り、クリックされる毎に収益が上がるシステムです。

 

クリックした人が商品を購入しなくてもお金が入ってくるようになっています。

 

ではどんなブログを書けば良いのか?

 

それについてはメルマガで、僕が1記事で1日1万アクセス(PV)を集めたページをこっそり公開しています。

 

こちらがその時の証拠画像です。

このページを公開するということは、1万アクセスを集めたページのみならず、ブログ自体の全てを公開するということになります。

 

アドセンスでは1日3,000円もの収益に値する価値です。

 

それ故、なんども止めようかと思ったのですが、今回は思い切って公開することに決めました。

 

ただ、あまり多くの人に教えることはリスクなので、突然この特典を削除する可能性もあります。

 

少しでも興味がありましたら、早いうちにこちらからご確認ください。

メルマガ登録フォーム

 

とはいっても、まだブログで稼げるなんて信じられないですよね。

 

でもそれはみんなが思う、当たり前のことなので仕方ないかと思います。

 

しかし人間、普通で当たり前のことしか考えない人は一生普通の人生です。

 

いつの時代も成功している人は、人と同じことをやってはいないのです。

 

僕のメルマガは無料ですので気に入らなかったら停止していただいても結構です。

 

もし、少しでも僕や僕の話に興味を感じて頂けたら、下記リンクからメルマガを御覧くださいね。

メルマガへ

本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

4 件のコメント

  • こんにちわ。はじめまして。
    記事を拝見しまして、ひとつ質問があります。

    1月にグーグルから英文で2月20日からの件が届きまして、その通告を、「2月20日以降、4000時間未満かつ登録者1000人未満は収益化から除外する。猶予はこのメールが届いた日から2月20日まで」と理解しておりました。

    つまり、収益化終了(私の場合)のリミットはあと18日になると思ってました。

    しかしこちらの記事内に「2月20日から30日間の猶予を経て」とあったので、そうなると、基準に達してないチャンネルの収益化終了は3月の20日頃になるかと思うのですが、実際はどうなんでしょう?

    多くのブログ記事で、「2月20日までに基準に達してないとマズイ」ということを目にしてたので、よくわからなくなってしまいました。

    チャンネル登録者と4000時間再生は、3月20日までに準備できてれば良いということでしょうか?

    見解をお聞かせください。

    よろしくお願いいたします。

    • こんにちは、門脇れんです。

      確認しましたところ、私の記載が間違っておりました。

      名無しブロガーさんがおっしゃる通り、2月20日にはこの条件がYouTubeの既存のチャンネルにも適用され、それまでの30間は猶予期間になるという意味です。

      重ねてお詫び申し上げます。

      門脇れん

      • 御回答ありがとうございます。
        やはりそうでしたか、、一縷の望みだったのですが、、間に合う気がしません(-。-;

        それでもやるしかないので引き続き頑張っていきます。

        ちなみにもうひとつ質問なのですが、今まで収益化できていたチャンネルは、2月20日に間に合わない場合、広告は取り下げられますが、条件を満たした場合も、新規参入者同様に30日ほど?の審査に回らなくてはならないのでしょうか?

        別の方が「既存の収益化チャンネルは、条件を満たさない場合、一時的に広告は非表示になりますが、条件を満たした時には、すぐに広告は再度表示されるので安心してください」とブログに書いてらっしゃいました。

        この情報が果たして公式なものなのかわからないのですが、既存の収益化チャンネルの20日以降の状況に関して、グーグルから情報は特に何も公開されてないですよね?

        この「20日以降」に関して、「テキスト動画はもう無理」とか「ラジオなどの一部音声切り抜きは審査に通らなくなる」など、情報が錯綜して様々発信されており、非常に混乱しております。

        20日以降間に合わない場合は、新規参入者と状況は同じと考えていた方が良いのでしょうか?

        非常に回りくどい質問で申し訳ありません。

        • 名無しブロガーさん、門脇れんです。

          回答を下記に記載しておりますのでご確認ください。

          【ご質問】
          今まで収益化できていたチャンネルは、2月20日に間に合わない場合、広告は取り下げられますが、条件を満たした場合も、新規参入者同様に30日ほど?の審査に回らなくてはならないのでしょうか?

          【回答】
          チャンネル登録者数 1,000 人以上、総再生時間 4,000 時間以上という条件に満たないチャンネルはYouTubeで収益を得ることができなくなります。条件を満たしたチャンネルについては、厳しい基準に照らした審査が自動的に行われ、YouTubeのポリシーに準拠しているかどうかが確認されます。審査にどれくらいの期間がかかるかは発表されていません。

          【ご質問】
          この「20日以降」に関して、「テキスト動画はもう無理」とか「ラジオなどの一部音声切り抜きは審査に通らなくなる」など、情報が錯綜して様々発信されており、非常に混乱しております。

          【回答】
          キスト動画、ラジオなどの一部音声切り抜きは審査に通らなくなるとは発表していませんが、『YouTubeのコミュニティガイドライン、収益化の基本とポリシー、利用規約、Google AdSenseプログラムポリシーに違反した場合、YouTube パートナー プログラムへの参加を停止されることがあります。』と発表されています。
          ガイドラインについては下記リンクをご参照ください。
          https://www.youtube.com/intl/ja/yt/about/policies/#community-guidelines

          【ご質問】
          20日以降間に合わない場合は、新規参入者と状況は同じと考えていた方が良いのでしょうか?

          【回答】
          おそらく新規チャンネルと考えて良いかと思われます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です